女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への治療履歴画像/解説
竹内由恵 (銀歯4本→セラミック歯6本、歯列矯正) 4回更新
【まとめ】
元テレ朝の竹内由恵は銀歯4本→
セラミック歯6本/歯列矯正
→ (竹内由恵(たけうち よしえ)の歯の詳細)
竹内由恵は出っ歯→
21歳:抜歯奥(上2本/下2本),竹内由恵は歯列矯正、
<23歳:竹内由恵は銀歯(インレー)下奥歯3本,
<27歳:竹内由恵はセラミック差し歯下奥歯4本、
<35歳:銀歯(インレー)上奥歯1本、
36歳:歯列整形手術,
セラミック差し歯(仮歯)奥(上2本/下2本)。

【最新】 竹内由恵の歯は治療11本。

【ヒストリー】
 大学3年の20歳の時、大学のミスコンテスト
で、竹内由恵は優勝していた。
 竹内由恵は歯が大きくて大輪の花が咲いた
ような「花咲歯」でプリンセスのような華やかな
オーラがあったが、左上2番の切端が左上3番側
に30度、右上2番の切端も右上3番側に30度
曲がっていて、上顎左右奥歯の切端がそれぞれ
頬側に20度開いていた 
(新画像、20歳時)。
 上前の歯が竹内由恵は反っ歯(出っ歯)で、
根元は下顎前歯の舌側に位置していたが、切端
は下顎前歯の唇側に飛び出していた 
(画像左、20歳時)。

 下前の歯も竹内由恵は出っ歯で右下2番が
唇側転位していた (画像右、20歳時)。
 反っ歯(出っ歯)を気にして左上4番と
右上4番を抜歯し、金属ワイヤーを上顎の全部
の歯の唇側に巻き付けて、竹内由恵は歯列矯正
を始めていた (画像は21歳時)。
 歯列矯正を終えて、22歳の時、東京の
テレビ局に竹内由恵はアナウンサーとして入社
していた。
 1枚目や2枚目と比べると明らかなように、
歯列矯正で他の歯は奥に引っ込んだのに、
左上1番と右上1番の歯が竹内由恵は唇側に
飛び出していて、相変わらず、反っ歯(出っ歯)
だった (画像は22歳時)。
 歯列矯正時に左下4番と右下4番の歯を
竹内由恵が抜歯していたことが確認できる。
 右下6番と右下7番の歯が竹内由恵は銀歯で
銀インレーを詰め、左下6番の歯に竹内由恵は
セラミッククラウン(差し歯)を被せていた。
 1枚目と比べると明らかなように、歯軋りの
ためか、左上1番と右上1番の丸かった切端が
平らに咬耗していた
( 歯好き様御紹介、画像は23歳時)。
 さらに、右下6番と右下7番に加えて、
左下7番の歯も竹内由恵は銀歯で銀インレーを
詰めていた (画像は23歳時)。
 1枚前や2枚前と比べると明らかなように、
右下6番、右下7番、左下7番の歯にも
竹内由恵はセラミッククラウン(差し歯)を
被せていた (画像は27歳時)。
 33歳の時、竹内由恵は結婚して、東京の
テレビ局を退社し、34歳の時、フリー
アナウンサーになっていた 
(画像は32歳時)。
 21歳の時に急いで歯列矯正していたが、
上下奥歯の切端が舌側に大きく倒れてしまい、
奥歯が噛み合わず、舌も窮屈になっていたので
、上下奥歯の噛み合わせを竹内由恵は歯列整形
手術で直すことにし、まず、1枚前と比べると
明らかなように、左下6番と左下7番の
セラミッククラウンを外して抜髄し歯冠を
削り落していた (新画像、34歳時)。
 35歳の時、第1子男児を竹内由恵は出産
していた。
 左上6番の歯も竹内由恵は抜髄し歯冠を削り
落していた。
 左上6番の歯冠を削り落したために見えた
左上7番の歯が竹内由恵は銀歯で左上6番との
歯間隣接部に銀インレーがはみだしてキラリと
光っていた (画像は35歳時)。
 7枚目と比べると明らかなように、右下6番
の歯を竹内由恵は歯冠を高くした真っ白な
セラミッククラウンに交換していた。
 2枚前で歯冠を削り落していた左下6番と
左下7番の歯を竹内由恵は歯槽骨を分割し、
歯列矯正時に45度舌側に倒れていたのを直立
させて歯槽骨が再接合するまで、仮歯のメタル
ボンドセラミッククラウン(頬側にのみ
セラミックを築盛焼成した銀クラウン)を挿して
咬合面と舌側の金属部で連結していて、竹内由恵
は銀歯みたいに見えていた 
(新画像、フラッフィー様御紹介、反転画像を
再反転、36歳時)。
 2枚前で歯冠を削り落していた左上6番に
加えて右上5番の歯も竹内由恵は抜髄して歯冠
を削り落し、2本の歯の歯槽骨を分割し、
歯列矯正時に30度舌側に倒れていたのを直立
させて歯槽骨が再接合するまで、仮歯で歯冠の
短いセラミッククラウンを挿して舌側で連結
していた (新画像、37歳時)。

 37歳の時、竹内由恵は第2子を妊娠して
いた。

 さらに1700人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ。
 上げ