女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への治療履歴画像/解説
各掲示板、Home page 
齊藤夢愛 (銀歯クラウン等5本→セラミック歯1本) 更新 画像一括拡大
【まとめ】
齊藤夢愛は銀歯5本→セラミック歯1本/抜歯1本
→ (齊藤夢愛の歯の詳細)
21歳:齊藤夢愛は銀歯(クラウン)下奥歯2本
齊藤夢愛は銀歯(インレー)上奥歯3本、
30歳:齊藤夢愛はセラミック差し歯下奥歯1本,
抜歯下奥歯1本。

【最新】 齊藤夢愛の歯は治療5本。

【ヒストリー】
 15歳の時、齊藤夢愛はCMデビューし、
その後、グラビアアイドルになっていた。
 齊藤夢愛は歯が綺麗に並んでいて歯茎が
ピンク色だった (画像は18歳時)。
 左上1番と右上1番の歯が齊藤夢愛は
大きかった (画像は18歳時)。
 左上7番、左上6番、右上6番の歯が齊藤夢愛
は銀歯で銀インレーを詰めていた 
(画像は21歳時)。
 左下6番と右下6番の歯も齊藤夢愛は銀歯
で銀クラウンを被せていた (画像は21歳時)。
 やはり、左下6番と右下6番の銀歯が齊藤夢愛は
銀クラウンだった (画像は21歳時)。
 銀歯だった左下6番の歯に齊藤夢愛は
セラミッククラウンを被せていた
(新画像、30歳時)。
 銀歯だった右下6番の歯を齊藤夢愛は抜歯
していた (新画像、30歳時)。
 31歳の時、齊藤夢愛は結婚し、33歳の
時、第1子女児を出産していた。
 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ。
竹内由恵 (銀歯4本→セラミック歯5本、歯列矯正) 3回更新 画像一括拡大
【まとめ】
元テレ朝の竹内由恵は銀歯4本→セラミック歯5本/
歯列矯正
→ (竹内由恵(たけうち よしえ)の歯の詳細)
竹内由恵は出っ歯→
21歳:抜歯奥(上2本/下2本),竹内由恵は歯列矯正、
<23歳:竹内由恵は銀歯(インレー)下奥歯3本,
<27歳:竹内由恵はセラミック差し歯下奥歯2本,
セラミックインレー下奥歯2本。
<35歳:銀歯(インレー)上奥歯1本,支台上奥歯1本、
36歳:セラミック差し歯上奥歯1本。

【最新】 竹内由恵の歯は治療10本。

【ヒストリー】
 大学3年の20歳の時、大学のミスコンテストで
、竹内由恵は優勝していた。
 竹内由恵は歯が大きくて大輪の花が咲いたような
「花咲歯」でプリンセスのような華やかなオーラが
あったが、左上2番の切端が左上3番側に30度、
右上2番の切端も右上3番側に30度曲がっていて
、上顎左右奥歯の切端がそれぞれ頬側に20度
開いていた (画像は20歳時)。
 下前の歯が竹内由恵は出っ歯で右下2番が
唇側転位していた (画像は20歳時)。
 上前の歯も竹内由恵は反っ歯(出っ歯)で、
根元は下顎前歯の舌側に位置していたが、切端は
下顎前歯の唇側に飛び出していた 
(画像は20歳時)。
 反っ歯(出っ歯)を気にして竹内由恵は歯列矯正
を始め、左上4番と右上4番を抜歯して金属
ワイヤーを上顎の全部の歯の唇側に巻き付けていた
(画像は21歳時)。
 左下4番と右下4番も抜歯して下顎も竹内由恵
は歯列矯正を行っていた  (画像は21歳時)。
 歯列矯正を終えて、22歳の時、東京のテレビ局
に竹内由恵はアナウンサーとして入社していた。
 歯列矯正で他の歯は奥に引っ込んだのに、
左上1番と右上1番の歯が竹内由恵は唇側に
飛び出していて、相変わらず、反っ歯(出っ歯)
だった (画像は22歳時)。
 右下6番と右下7番の歯が竹内由恵は銀歯で
銀インレーを詰め、左下6番の歯に竹内由恵は
セラミッククラウン(差し歯)を被せていた。
 1枚目と比べると明らかなように、歯軋りの
ためか、左上1番と右上1番の丸かった切端が
平らに咬耗していた
( 歯好き様御紹介、画像は23歳時)。
 さらに、右下6番と右下7番に加えて、左下7番
の歯も竹内由恵は銀歯で銀インレーを詰めていた 
(画像は23歳時)。
 右下7番の歯にも竹内由恵はセラミッククラウン
(差し歯)を被せ、右下6番と左下7番には
セラミックインレーを詰めていた 
(画像は27歳時)。
 33歳の時、竹内由恵は結婚して、東京の
テレビ局を退社し、34歳の時、フリー
アナウンサーになっていた (画像は32歳時)。
 35歳の時、第1子男児を竹内由恵は出産して
いた。
 左上6番の歯を竹内由恵は抜髄し歯冠を削り
落していて、今後、支台を築造し、クラウンを
被せるようだ。
 左上6番の歯冠を削り落したために見えた
左上7番の歯が竹内由恵は銀歯で左上6番との
歯間隣接部に銀インレーがはみだしてキラリと
光っていた (画像は35歳時)。
 1枚前と比べると明らかなように、左上6番の
歯に竹内由恵はセラミッククラウン(差し歯)を
挿していた (新画像、36歳時)。

 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ
 上げ.
中山美穂 (銀歯クラウン等5本→セラミック歯18本←八重歯) 5回更新 画像一括拡大
【まとめ】
中山美穂は銀歯4本→セラミック18本←八重歯 →
(中山美穂の歯の詳細) 中山美穂は八重歯片側、
13歳:差し歯上前歯1本、15歳:差し歯上前歯+1本,
中山美穂は銀歯(クラウン)下奥歯1本,
中山美穂は銀歯(インレー)下奥歯1本、
21歳:差し歯上(前歯+3本/奥歯2本)、
32歳:中山美穂はセラミック差し歯上前歯6本、
<44歳:中山美穂は銀歯(インレー)上奥歯2本、
48歳:銀歯(インレー)上奥歯+1本,
<49歳:セラミック差し歯奥歯(上1本/下8本)。

【最新】 中山美穂の歯は治療21本。

【ヒストリー】
 13歳の時、中山美穂は芸能界にデビューしていた。 
左上3番の歯が中山美穂は少し唇側転位していて八重歯
だった。
 右上1番の歯に中山美穂はセラミッククラウン(差し歯)
を被せていて、左上1番には虫歯が出来ていた。
 歯医者での虫歯治療の様子を写真付で雑誌に掲載されて、
中山美穂は「奥歯も虫歯だらけで、虫歯を歯茎まで削り、
クラウンを被せた」と告白していた (画像は13歳時)。
 右上1番に加えて、15歳の時、左上1番にも
中山美穂はセラミッククラウン(差し歯)を被せていた。
 左上1番と右上1番の歯が中山美穂は舌側が差し歯の
内部の金属コアが透けて黒ずんで見えていた 
(画像左:15歳時)。
 1枚目と比べると左上1番と右上1番のセラミック
クラウン(差し歯)は両隣の自歯と比べて白く四角い歯
に中山美穂はなっていた。
 左下6番と右下6番の歯が中山美穂は銀歯で真っ黒け
に見える左下6番に雑誌で告白していた銀クラウンを
被せ、右下6番には銀インレーを詰めていたようだ 
(新画像右:15歳時)。
 その後、「水泳で差し歯2本をプールに落として
プールの中を探し回った」と告白していて、左上1番と
右上1番の歯を中山美穂はやや黄色い差し歯に挿し
替えていた。
 左上2番、右上2番~右上5番にもセラミッククラウン
(差し歯)を被せていて、差し歯は7本になり、1枚目
では切端が尖っていた右上3番の歯が中山美穂は平らに
なっていた (画像左:21歳頃)。
 画像左と比べると明らかなように、画像右では左上3番
の歯にも中山美穂はセラミッククラウン(差し歯)を
被せて八重歯を直し、右上3番も作り直して切端に丸みを
つけ、左上3番と右上3番を左右対称に直したので、
左上3番~右上3番の上前歯6本が全て差し歯になって
いた (画像右:32歳時)。
 さらに、右上7番の歯も中山美穂は銀歯で詰めた
銀インレーが頬側前方にはみ出してキラリと光っていた。
 左上2番と右上2番のセラミッククラウン(差し歯)
が中山美穂は少し舌側転位していた 
(画像左:42歳時)。
 左上5番の切端が30度頬側に突き出していたので正面
からは見えなかったが、左上6番の歯も中山美穂は銀歯で
詰めた銀インレーが頬側前方にはみ出してキラリと光って
いた (画像右:44歳時)。
 1枚前と比べると明らかなように、左上2番と右上2番
の歯を中山美穂は新しいセラミッククラウン(差し歯)に
交換して、左上2番は左上1番側を30度唇側に、右上2番
も右上1番側を30度唇側にそれぞれ歯軸を回転し、
上前歯の凸凹を直していた (画像は47歳時)。
 右上6番の歯に中山美穂はセラミッククラウン(差し歯)
を被せていて歯茎との境目に金属が露出してキラリと光って
いた (画像左:48歳時)。
 さらに、左上7番の歯も中山美穂は銀歯で舌側前方に
銀インレーを詰めていたが後半分が虫歯で崩壊していて、
左上6番は舌側前半分のみ天然歯質で、4枚目の画像右の
ように頬側~舌側後半分に銀インレーを詰めていた 
(画像右:(^○^)様情報、48歳時)。
 右下4番~右下7番の歯に中山美穂はセラミッククラウン
(差し歯)を被せていて咬合面に溝がなく下前歯と比べて
白かった (画像左:45歳時)。
 2枚目の画像右と比べると明らかなように、左下4番~
左下7番の歯にも中山美穂はセラミッククラウン(差し歯)
を被せていて咬合面に溝がなく下前歯と比べて白かった 
(画像右:49歳時)。 

 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ。
米倉涼子 (セラミック歯等8本←V字出っ歯) 再更新 画像一括拡大
【まとめ】
 米倉涼子はセラミック歯4本/レジン歯4本
→ (米倉涼子の歯の詳細) 
米倉涼子は出っ歯+V字形前歯→
23歳:米倉涼子はセラミック差し歯上前歯4本、
<41歳:レジン充填下奥歯4本。

【最新】 米倉涼子の歯は治療8本。

【ヒストリー】
 正面から見ると、左上1番に対して右上1番が30度曲がって
ハの字形に開いていた (画像は21歳時)。
 横から見ると、左上1番と右上1番は切端が30度外側に
反っていて米倉涼子は反っ歯(出っ歯)だった 
(より鮮明な画像に差替、17歳時)。
 近くからみると、左上1番と右上1番が前後にV字形に開き、
切端が左右にハの字に開き、さらに30度外側に反っていて
米倉涼子は反っ歯(出っ歯)だった (画像は22歳時)。
 また、左上1番と右上1番の切端部が黒ずんでいた。
 左上2番と右上2番の2本を削って小さな差し歯(セラミック
クラウン)を被せ、右上1番と右上1番の2本は抜髄して歯冠を
削り落とし歯根の穴に屈曲金属コアを曲げて挿し植立方向を
垂直に直し、米倉涼子は差し歯(小さな歯冠のセラミック
クラウン)を被せて歯並びを直していた。
 差し歯の根元が目の神経を刺激するためか、目つきが悪く
なってしまった (画像は23歳時)。
 横からみても、米倉涼子は反っ歯(出っ歯)を綺麗に直して
いた (画像は23歳時)。
 25歳。
 上前歯4本の差し歯を外して、米倉涼子は差し歯(切端を
平坦にした白いオールセラミッククラウン)4本に交換し、
左上1番と右上1番をやや唇側に出していた 
(画像は37歳時)。
 米倉涼子の差し歯の上前歯4本の裏側は金属コアが透けて
少し黒ずんでいて、特に左上1番と右上1番の裏側が黒ずんで
見えていた (画像は37歳時)。
 左下6番と左下7番の歯に米倉涼子は少し黄色いレジンを
充填していた (画像は41歳時)。
 右下6番と右下7番の歯にも米倉涼子は少し黄色いレジン
を充填していた (画像は41歳時)。
 上前歯4本が米倉涼子は差し歯で奥歯も虫歯治療(レジン
充填)しているのに「いい歯の日」に「ベストスマイル・
オブ・ザ・イヤー」を受賞したのはブラックジョークだね。
 知名度を優先し「いい歯の日」に「差し歯」「虫歯」
スマイルを選定した歯科医師会は審美眼や技術力の無さが
知れ渡り、評判と信用が地に落ちるに違いない。

 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ。
 上げ
辻希美 (銀歯3本→セラミック歯11本←八重歯) 大幅更新 画像一括拡大
元モーニング娘。の辻希美は銀歯3本経験/セラミック歯11本
→ (辻希美の歯の詳細) 辻希美は八重歯両側、
14歳:辻希美は銀歯(インレー)下奥歯2本、
17歳:辻希美はセラミック差し歯上前歯2本、
21歳:差し歯上前歯+4本、<25歳:差し歯上奥歯+2本、
26歳:インプラント上奥歯1本、32歳:差し歯上奥歯+2本。

【最新】 辻希美の歯は治療13本。

【ヒストリー】

上前歯1

 12歳の時、モーニング娘。4期メンバーとして辻希美は
CDデビューしていた。
 全ての歯が辻希美は黄色くて右下2番が舌側転位していた。
 左上2番と右上2番が大きく舌側転位し、左上3番と
右上3番が軽く唇側転位していてモーニング娘。の辻希美は
八重歯だった (画像は12歳時)。
上前歯2

 17歳の時、辻希美はモーニング娘。を卒業していた。
 一枚前と比べると明らかなように、左上2番と右上2番を
辻希美は差し歯(セラミッククラウン)に換装して唇側に
せり出して上顎左右の八重歯を直していたが、左上2番が
白すぎて歯並びを直したことがバレバレになっていた 
(画像は18歳時)。
 19歳の時、辻希美は結婚し、女児を出産していた。 
上前歯3

 21歳の時、一枚前と比べると明らかなように、左上3番
~右上3番を辻希美は差し歯(セラミッククラウン)に換装し、
左上1番と右上1番は抜髄し歯冠を削り落として屈曲金属
コア付の白くて長いセラミッククラウンを切端が唇側転位
した出っ歯になるように歯軸を曲げて挿していた 
(新画像、21歳時)。
 茶褐色の小さな上前歯を真っ白の大きな出っ歯の差し歯に
辻希美は取り換えることによって華やかで健康的な印象を
与える「カリスマ主婦」「理想の母親」に化けていた。
上前歯4

 23歳、25歳、31歳の時、辻希美はそれぞれ男児を
出産していた。
 一枚前と比べると明らかなように、辻希美は差し歯の
左上2番~右上2番を外して、真っ白で長さを短く揃えた
セラミッククラウンを垂直に挿していた。
 上前歯4本を短く小さな差し歯に変え、出っ歯にせずに
奥に引き込んだので、上顎の歯茎が見えてガミー気味に
なっていた (画像は28歳時)。
左上奥歯1

 辻希美は歯が茶褐色で、左上1番と右上1番が少し山形に
なり、左上2番は左上3番側が40度舌側捻転していた 
(新画像、14歳時)。
左上奥歯2

 一枚前と比べると明らかなように、左上3番~右上3番を
辻希美は差し歯に換装した上に、左上4番にも差し歯(小さな
歯冠の真っ白なセラミッククラウン)を被せていた  
(画像は25歳時)。
左上奥歯3

 一枚前と比べると明らかなように、左上3番~右上3番の
差し歯を辻希美は真っ白で長さを揃えたセラミッククラウン
に交換していた (新画像、27歳時)。
右上奥歯1

 辻希美は歯が茶褐色で、左上1番と右上1番が少し山形に
なり唇側転位していて、右上3番も唇側転位していた 
(新画像、12歳時)。
右上奥歯2

 一枚前と比べると明らかなように、左上3番~右上3番
を辻希美は差し歯(白いセラミッククラウン)に換装し、
左上1番と右上1番はやや長く出っ歯気味にしていた
(画像は22歳時)。
右上奥歯3

 酷い虫歯で右上4番を抜歯し、辻希美はインプラントを
ネジ込んでいたが上顎骨に根付くまでは小さなキャップ
を被せていたので、目立っていた (画像は26歳時)。
右上奥歯4

 一枚前と比べると明らかなように、左上3番~右上3番の
差し歯を辻希美は白くて長さを揃えたセラミッククラウンに
交換し、右上4番のインプラントにも小さなセラミック
クラウンを被せていた (画像は28歳時)。
銀歯1

 辻希美は銀歯があり、左下6番に銀インレーを詰めていた
(画像は14歳頃)。
銀歯2

 さらに、辻希美は銀歯があり、右下6番にも銀インレーを
詰めていた (画像は14歳時)。
銀歯3

 さらに、辻希美は銀歯があり、右上6番にも銀インレーを
詰め、左上4番と右上5番には差し歯(白すぎるセラミック
クラウン)を被せていた (新画像、24歳時)。
最新

 一枚前と比べると明らかなように、右上4番、右上6番、
左上6番にも辻希美は差し歯(白いセラミッククラウン)
を被せていた。
 黄色い自歯の左上5番を除き、上顎に辻希美は差し歯
(セラミッククラウン)が11本もあった 
(新画像、32歳時)。
 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ。
 上げ
仲里依紗 (銀歯2本→セラミック歯等6本) 5回更新 画像一括拡大
【まとめ】
仲里依紗は銀歯2本→セラミック歯4本/レジン歯2本 →
(仲里依紗(なか りいさ)の歯の詳細)
仲里依紗はガミー,仲里依紗は出っ歯、
22歳:仲里依紗は銀歯(インレー)下奥歯2本、
仲里依紗はセラミック差し歯上前歯1本、
30歳:セラミック差し歯上前歯+3本、
<32歳:レジン充填下奥歯2本。

【最新】 仲里依紗の歯は治療6本。
      
【ヒストリー】
 ファッション雑誌の専属モデルとして活動後、仲里依紗
は映画やテレビにも出演していた。
  左上1番の右上1番側と右上1番の左上1番側が
それぞれ30度唇側捻転して左上1番と右上1番が唇側に
山形に飛び出していて、左上1番の歯が仲里依紗は切端
が右上1番側に30度曲がっていて、山形出っ歯だった 
(画像は18歳時)。
 歯茎は綺麗なピンク色だったが、笑うと上顎の歯茎が
丸見えになり、仲里依紗はガミーだった。
 一枚前と比べると明らかなように、左上1番の歯を
仲里依紗は抜髄し歯冠を削り落して歯根の穴にセラミック
クラウン(屈曲金属コア付の差し歯)を歯軸を曲げて
挿して、右上1番側への曲がりを直していた 
(画像は22歳時)。
 上前の歯が仲里依紗は歯茎から唇側に突き出ていて
出っ歯だった (画像は22歳時)。
 一枚目と比べると、左上1番の歯が仲里依紗は
右上1番側へ曲がっているのを差し歯で直したことは
明らかだ。
 左下1番と右下1番がV字形に開き、左下2番の
左下1番側が舌側に20度捻転し、左下3番と右下2番
が舌側転位していた 
 左下6番と右下6番の歯が仲里依紗は銀歯で、左下6番
に銀インレーを詰め、右下6番には金インレーを詰めて
いた (画像は22歳時)。
 23歳の時、仲里依紗は結婚し、第1子男児を出産
していた。
 左上1番の歯が仲里依紗はセラミッククラウン
(差し歯)で両隣の自歯と比べて少し黄色でやや
唇側転位し、歯冠は歯茎側が短く、切端側が長くて、
浮き上がって見えて目立っていた 
(画像は27歳時)。
 1枚前や2枚前と比べると明らかなように、30歳の時、
差し歯の左上1番の歯を仲里依紗は外し、左上2番、
右上1番、右上2番もぐるりと削り、セラミッククラウン
(やや幅を狭めた差し歯)4本を被せてアーチ形に並べて
上前歯4本を見栄え良く直していた。
 さらに、4枚目で銀歯だった左下6番と右下6番の歯を
仲里依紗は削り、レジン充填していた
(新画像、31歳時)。
 
 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ。
 上げ
松田聖子 (銀歯14本→セラミック歯23本←八重歯) 再々更新 画像一括拡大
【まとめ】
松田聖子は銀歯14本経験/八重歯 → セラミック歯23本
(内6本ブリッジ) → (松田聖子の歯の詳細) 
松田聖子は八重歯両側→
18歳:セラミック差し歯ブリッジ前上3本(八重歯軽減)、
<20歳:松田聖子は銀歯(インレー)奥歯(上8本/下6本)、
30歳:セラミック差し歯(前上+2本/ブリッジ奥上3本)、
36歳:松田聖子はセラミック差し歯(上14本
(含ブリッジx2)/下(前3本/奥6本))。

【最新】 松田聖子の歯は治療23本。

【ヒストリー】
 歌手デビュー前。
 松田聖子は歯並びが悪くて歯の色も黄色かった。
 右上1番の右上2番側がやや外側に捻転し、右上2番が
舌側転位して少し奥に凹んでいて、右上3番が唇側転位して
いて向かって左側が松田聖子は軽い八重歯だった。
 左上1番と左上3番の間に左上2番が奥深く舌側転位して
隠れていたので向かって右側が松田聖子は八重歯が醜くかった
(画像は17歳時)。
 18歳の時、松田聖子は歌手デビューしていた。
 左上2番を抜歯し、左上1番と左上3番を削り、
松田聖子はセラミッククラウン(差し歯)を被せて両側の
橋脚としたブリッジで左上2番のダミー歯(固定式入れ歯)
を取り付けて、左上1番~右上3番を軽い八重歯に直して
いた。
 松田聖子の歯は全て黄色いのに、これら3本だけが白くて
目立っていた (画像は18歳時)。
 PC専用・ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu
 左上1番~左上3番の歯の松田聖子のセラミック差し歯
ブリッジの裏は真っ黒けの金属だったので、喫煙している
との噂が流れていた。
 松田聖子は銀歯があり、上左右4番~7番計8本に
銀インレーを詰めていた (画像は18歳時)。
 さらに松田聖子は銀歯があり、下左右5番~7番の計6本
にも銀インレーを詰めていた (画像は20歳時)。
 23歳で松田聖子は結婚し、24歳で第1子女児を出産
していた。
 その後、二次う蝕のため右上5番を抜歯し、右上4番と
右上6番を削り、松田聖子はセラミッククラウン(差し歯)
を被せて両側の橋脚としたブリッジで右上5番のダミー歯
(固定式入れ歯)を連結していた。
 右上2番と右上1番も松田聖子はセラミッククラウン
(差し歯)に換装し、左上1番~左上3番のブリッジも作り
直したが、両隣の黄色い自歯(長すぎる右上3番と奥に凹んだ
左上4番~5番)が災いして、まだ松田聖子は八重歯に見えて
いた (画像は30歳時)。
 34歳の時、松田聖子は離婚していた。
 昔から下前歯が松田聖子は乱杭歯で左下1番と右下2番が
唇側転位し、右下3番が舌側転位して奥に凹んでいた 
(画像は34歳時)。
 審美歯科に3日間入院し治療費500万円で上下合計23本
(左上7番~右上7番、左下1番、右下2番、右下3番、
左下5番~左下7番、右下5番~右下7番)を松田聖子は
セラミッククラウン(差し歯)に換装していた。
 上左右3番の前後と下前歯の凸凹を見事に無くし、松田聖子
は歯並びを完璧に直していた。
 同時に全ての黒い治療痕(銀インレー)も白く再治療して、
松田聖子は歯の色を自然に白いA2に揃えていた。
 ただ、上前歯4本の松田聖子の歯の形がちょっと不自然
だった。
 36歳の時、松田聖子は歯科医と再婚していた
 (画像は36歳時)。
 松田聖子はセラミッククラウン(差し歯)の上前歯6本
(左上2番はダミー歯(固定式の入れ歯))を自然で綺麗な
歯の形に作り直していた。
 38歳の時、また松田聖子は離婚していた
(画像は42歳時)。
 右上2番に比べて左上2番の歯が松田聖子は長かった。
 松田聖子は抜歯した左上2番の歯肉の退縮をダミー歯の
歯冠を長くして隠していた。
 右上2番の歯冠の長さと比べれば一目瞭然だ 
(画像は43歳時)。
 舌側転位していた左上2番と酷い虫歯だった右上5番を
抜歯していて、それらの跡にはダミー歯(固定式の入れ歯)
を両隣のセラミッククラウン(差し歯)を橋脚とするブリッジ
を松田聖子は架けて装着していた。
 よく見ると、左上2番と右上5番の松田聖子の歯は両隣
の歯との間に歯肉がなく歯が異様に上に長い。
 抜歯して歯茎が上がってしまったので隙間を隠すため
ダミー歯を松田聖子が上に長くしたためだ。
 歯肉が逃げて歯がピアノの白鍵盤のように見えるのが
ブリッジの泣き所だ (画像は45歳時)。
 PC専用・ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu
 昔、右上5番の歯を松田聖子は虫歯で抜歯したので歯肉が
逃げて歯茎が窪んでいた。
 その跡に松田聖子はブリッジを架けてダミー歯(固定式の
入れ歯)を装着していたが、部分入れ歯のように偽歯茎で
覆えないので歯茎の窪みが丸見えになっていた 
(画像は45歳時)。
 50歳の時、松田聖子は大学の歯科医と再々婚していた。
 松田聖子はセラミッククラウン(差し歯)をよく
メインテナンスしていたが、相変わらず、左上2番と
右上5番のダミー歯(固定式の入れ歯)の歯茎が窪んで
いた (画像は55歳時)。
 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ。
長澤まさみ (銀歯3本→セラミック歯等4本) 再更新 画像一括拡大
【まとめ】
長澤まさみ は銀歯3本→セラミック歯2本/レジン歯2本
→ (長澤まさみ の歯の詳細)
18歳:長澤まさみ は銀歯(インレー)下奥歯3本、
19歳:長澤まさみ はセラミックインレー下奥歯2本,
レジン充填(上前歯1本/下奥歯1本)。

【最新】 長澤まさみ の歯は治療4本。

【ヒストリー】
 シンデレラオーディションで12歳の時、長澤まさみ は
グランプリを獲得し、女優になっていた 
(画像は12歳時)。
 綺麗な歯並びだったが、長澤まさみ は銀歯があり、
左下6番、右下6番、右下7番に銀インレーを詰めていた
(新画像、18歳時)。
 もう1枚でも、長澤まさみ の銀歯の左下6番、右下6番、
右下7番の銀インレーが確認できる (新画像、18歳時)。
 19歳の時、公式ホームページの「歯の話」で長澤まさみ
は「前歯に虫歯が出来てプラスチックを詰めた(レジン充填
した)」と告白していた。
 1枚前と比べると明らかなように、長澤まさみ は
銀歯の右下6番と右下7番の銀インレーを削って
セラミックインレーを詰めていた
(画像は19歳時)。
 2枚前と比べると明らかなように、長澤まさみ は
銀歯の左下6番の咬合面の銀インレーも削ってレジン充填
していて、左下7番の咬合面も白かった 
(画像は19歳時)。
 しかし、2枚目と変わらず、長澤まさみ は左下6番の
頬側溝には銀インレーを詰めたままだった 
(画像は19歳時)。
 1枚前と比べると明らかなように、長澤まさみ は
左下6番の頬側の銀インレーを削ってレジン充填していた
(新画像、24歳時)。
 長澤まさみ は歯と歯茎が綺麗だが、2枚目で見える
右上2番と右上1番との歯間部の隙間がなくなっている
ので、右上2番の右上1番との歯間隣接部にレジン充填
しているのが確認できる。
 ホームページで19歳時に長澤まさみ が「前歯に
プラスチックを詰めた」と告白していた歯は右上2番だった 
(新画像、25歳時)。
 右下6番の咬合面全面に長澤まさみ はセラミックインレー
を詰めているのが確認できる (画像は26歳時)。
 29歳。

 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ。
中森明菜 (銀歯クラウン2本→セラミック歯4本←乱杭歯) 画像追加 画像一括拡大
【まとめ】
 中森明菜は銀歯2本経験/セラミック歯4本 →
(中森明菜の歯の詳細) 中森明菜は乱杭歯、
17歳:中森明菜はセラミック差し歯上前歯3本、
中森明菜は銀歯(クラウン)下奥歯2本、
20歳:セラミック差し歯上奥歯1本。

【最新】 中森明菜の歯は治療6本。

【ヒストリー】 
 16歳の時、テレビのオーディション番組で中森明菜は
合格していた。
 中森明菜は歯が凸凹に並んでいて、右上2番と左上1番が
舌側転位し、左上1番の切端は右上1番側に30度曲がり、
右上1番が唇側転位していて、乱杭歯だった 
(画像は16歳時)。
 右上1番の歯が中森明菜は唇側に飛び出していた
(画像は16歳時)。
 17歳直前に中森明菜が歌手デビューしていた。
 左上1番、右上1番、右上2番の歯を中森明菜は抜髄し、歯冠
を削り落とし歯根の穴にセラミッククラウン(屈曲金属コア付の
差し歯)を3本が平行に並ぶように曲げて挿して乱杭歯を直して
いた (画像は17歳時)。
 中森明菜はセラミッククラウン(差し歯)に換装してわずか
2年で3本の差し歯と歯茎との境目に黒い線が見えるように
なった (画像は18歳時)。
 中森明菜は「前歯が一本出てるのが好きだったのに事務所に
すぐに直せと言われて3本差し歯にしたけど後で腫れて大変
だった」と告白していた。
 中森明菜はセラミッククラウン(差し歯)3本を裏側の
真っ黒けの金属部で連結していた (画像は26歳時)。
 中森明菜は銀歯があり、右下6番に銀クラウンを被せていた 
(画像は17歳時)。
 さらに、中森明菜は銀歯があり、左下5番にも銀クラウンを
被せていた (画像は17歳時)。
 さらに、中森明菜はセラミッククラウンがあり、左上6番にも
舌側の歯茎との境目のみ黒いメタルボンドセラミッククラウン
(差し歯)を被せていた (画像は20歳時)。
 24歳直前に、恋人の歌手の自宅で中森明菜は自殺未遂事件を
起こしていた。
 右上1番の歯冠が異様に長く、中森明菜はセラミッククラウン
(差し歯)の3本と歯茎との境目に黒い線が見える
「差し歯バレバレ」状態を長年放置していた (画像は28歳時)。
 ようやく、中森明菜はセラミッククラウン(差し歯)の左上1番、
右上1番、右上2番の3連結差し歯を作り直し、歯肉を自家移植
して3本の差し歯と歯茎との境目の黒い線を消したが、相変わらず
右上1番の歯冠が長く、さらに治療の邪魔になる上唇と歯茎を繋ぐ
靱帯(上唇小帯)を切除したためか歯茎が剥き出しのぐっきーになり、
差し歯の真っ黒な歯茎が目立っていた (画像は39歳時)。
 左上1番、右上1番、右上2番の3連結差し歯を中森明菜は
セラミッククラウンで小さめに作り直し、上前歯6本の歯冠の
大きさと上下左右の並びを綺麗に揃え、差し歯の歯茎の色を
暗赤色にまで改善したが、ぐっきーだけは直せなかった 
(画像は41歳時)。
 自身をモチーフとしたパチンコ台の発表時。
 赤紫色の歯茎と黄褐色の歯で中森明菜は不健康そうに見えて
いた (画像は45歳時)。
 4年間の芸能活動休止後、中森明菜は紅白歌合戦(企画枠)に
中継で出演していた。
 中森明菜の歯は変わっていなかった (画像は49歳時)。
 そのTV中継の事前インタビュー時。
 相変わらず、中森明菜は歯茎は赤紫色だった 
(画像は49歳時)。
 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp
 上げ。