女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
小椋久美子 (八重歯→歯列矯正、銀歯3本) 再更新
【まとめ】
元バドミントンの小椋久美子は八重歯/銀歯3本 →
歯列矯正/レジン1本 → (小椋久美子の歯の詳細) 
小椋久美子は八重歯片側→
28歳:小椋久美子は歯列矯正開始、30歳:抜歯上奥歯2本、
32歳:小椋久美子は銀歯(インレー)奥歯(上1本/下2本),
レジン築盛上前歯1本。

【ヒストリー】
 18歳で入社時に、バドミントンのダブルスペア
「オグシオ」を小椋久美子は結成していた
(画像は19歳時)。
 25歳の時、小椋久美子は北京オリンピックに出場して
いた。
 左上1番がやや舌側転位し、右上1番の切端が30度
唇側に飛び出てかつ30度右上2番側に曲がり、右上2番
が舌側転位して右上1番の舌側に少し隠れていたので、
小椋久美子は八重歯に見えていた。
 左上5番と右上5番が舌側転位し、右下1番と右下3番
がやや唇側転位していた (新画像、24歳時)。
 26歳の時、小椋久美子は現役引退、退社し、27歳の時、
結婚していた。
 小椋久美子は歯が黄色かったが歯茎はピンク色だった。
 小椋久美子は歯列矯正により、上顎の歯列弓を拡大して
左上1番と右上1番の舌側転位を直したが抜歯しなかった
ので右上1番が出っ歯になっていた。
 左上1番の切端が下前歯との長年の咬合で咬耗して
三日月型に欠けていた (画像は28歳時)。
 29歳の時、小椋久美子は離婚していた。
 歯列矯正のために左上5番と右上5番の歯を小椋久美子は
抜歯して抜歯跡に付け歯を装着していた 
(画像は30歳時)。
 上顎の歯の裏側に金具を仮着して舌側(裏側)から
小椋久美子は歯列矯正していた (画像は30歳時)。
 上顎の歯を奥に移動させるための歯列矯正ワイヤを固定
する金具を左上6番と右上6番の歯に小椋久美子は仮着して
いた。
 小椋久美子は歯列矯正によりの上前歯はほぼ綺麗に並んだ
が左上1番は切端が咬耗していたので歯冠が少し短かくて
バランスが崩れていた。
 相変わらず、右下1番が少し唇側転位していた 
(画像は30歳時)。
 小椋久美子は歯列矯正が終了し、奥歯の矯正金具を撤去
していた。
 右下1番の唇側転位は直していなかった。
 左上1番と右上1番の歯を小椋久美子は唇側に向かって
少し山形に並べ、左上1番の切端にレジンを築盛して
右上1番と同じ長さに直していた。
 小椋久美子は銀歯があり、左下6番に銀インレーを詰めて
いて頬側前方にはみ出してキラリと光っていた 
(画像は32歳時)。
 さらに、小椋久美子は銀歯があり、右下6番にも銀インレー
を詰めていた (画像は32歳時)。
 さらに、小椋久美子は銀歯があり、右上6番にも
銀インレーを詰めていて頬側前方にはみ出してキラリ
と光っていた (新画像、32歳時)。

 さらに1100人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/