女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
新川優愛 (乱杭歯→セラミック14本) 再更新
【まとめ】
新川優愛はセラミック歯14本 → (新川優愛の歯の詳細) 
新川優愛は乱杭歯前歯(上3本/下5本)、
19歳:新川優愛はセラミック差し歯前歯(上6本/下6本)
:便器白歯、20歳:差し歯上奥歯2本、
25歳:差し歯上(前歯6本/奥歯2本):自然色。

【最新】 新川優愛の歯は治療14本。

【ヒストリー】
 少年雑誌のミスコンテストで新川優愛はグランプリを受賞
していた。
 左上4番が少し舌側転位し、左上2番が少し唇側転位し、
左上1番の切端が20度舌側に曲がり、右上1番の右上2番側
が20度唇側に曲がり、切端が右上2番側に30度捻転し
右上2番の唇側に少し重なっていて新川優愛は乱杭歯だった
(画像は16歳時)。
 17歳の時、少女ファッション雑誌の専属モデルに新川優愛
はなっていた。
 新川優愛は特撮テレビドラマに出演していた
(画像は19歳時)。
 左上3番~右上3番を抜髄して歯冠を削り落として
新川優愛は差し歯(真っ白な小さめの歯冠の屈曲金属コア付
のセラミッククラウン)を6本が平行に並ぶようにそれぞれ
歯軸を回転したり曲げたりして挿して上前歯6本の歯並びを
直していた 
(フラッフィー様情報御提供、画像は19歳時)。
 しかし、下前歯は左下1番と右下1番の中心(正中)が
向かって左にズレ、2本の切端が向かって左に30度曲がり、
左下2番が舌側転位し、左下3番が唇側転位し、右下2番の
切端が向かって左に45度曲がり右下1番側が50度舌側に
捻転し、右下3番の切端が40度舌側に曲がっていて、下の
歯が新川優愛はガタガタの黄色い歯並びのままで、右上4番
~右上6番と左上4番~左上6番も黄色い自歯がほぼ直角に
奥まり、新川優愛は上前歯6本の差し歯だけが白く浮き
上がって、いかにも作り物の歯に見えていた 
(画像は19歳時)。
4枚目の画像と比べると明らかなように下奥歯に比べて
長すぎ凸凹の歯並びが目立つ左下3番~右下3番の下前歯6本
を抜髄して歯冠を削り落とし、新川優愛は差し歯(細く短い
歯冠の屈曲金属コア付のセラミッククラウン)6本の切端が
舌側にそれぞれ30度曲がり、かつ、6本がアーチ形に並ぶ
ようにそれぞれ歯軸を回転したり曲げたりして挿して下前歯
6本の歯並びも直していた (画像は20歳直前)。 
 4枚目や5枚目と比べると、左上4番と右上4番に新川優愛
は差し歯(白さを抑え歯冠を頬側に膨らませたセラミック
クラウン)を被せて上前歯6本の後方に並べることで、
前から8本をアーチ形の歯並びに変えて、白浮きを軽減していた。
 また、4枚目と比べると、下前歯6本も新川優愛は差し歯に
換装し、切端の凸凹や歯並びの乱れがなく白い歯になっている
ことが改めて確認できる。
 かくして新川優愛は真っ白な差し歯14本が目立つ
「便器白歯の獅子舞」になっていた (画像は21歳直前)。
 下から見ると、左上5番と右上5番の自歯と比べて左上4番
と右上4番の差し歯を並外れて大きく作り、前から8本だけを
差し歯でアーチ形の歯並びに直したことがよくわかる。
 新川優愛の左上4番の差し歯は金属冠の下地にセラミック
を焼成したメタルボンドセラミッククラウンだったので、
左下4番との噛み合わせの調整時に咬合面のセラミックを削り
すぎて下地の金属が露出して黒く見えていた 
(C様御紹介、画像は22歳時)。
 25歳の時、新川優愛は結婚していた。
 1枚前のように左上5番と右上5番が舌側転位し凹んで
見え、2枚前のように便器のように白いと悪評だった上前歯
8本の差し歯を外し、左上4番と左上3番をそれぞれ25度、
右上3番と右上4番をそれぞれ40度舌側に曲げ、左上2番
~右上2番も含めて白さを抑えた差し歯(セラミック
クラウン)8本に新川優愛は交換していた。
 しかし、2枚前と比べると、左上3番と右上3番を大きく
舌側に曲げたため、新川優愛はやや貧相に見えていた 
(新画像、25歳時)。

 さらに1300人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/