女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
森下千里 (銀歯、出っ歯→差し歯)
【まとめ】
 森下千里の歯は上前歯2本出っ歯かつ隙っ歯、
22歳頃:森下千里は奥歯銀歯(上3本/下3本インレー)、
25歳:虫歯22本告白、26歳:上前歯2本差し歯,
   上奥歯7本セラミックインレー,上奥歯1本差し歯、
31歳:森下千里は上前歯4本差し歯。

【ヒストリー】
 白くて綺麗な歯並びだったが、左上1番と右上1番が長方形で
隙間が開いて生えた隙っ歯だった。
 森下千里の左下6番と右下6番は銀インレーを詰めた銀歯だった 
(画像は20歳時)。
 右下7番も銀インレーを詰めた銀歯だった (画像は20歳頃)。
 右上6番は右上5番との歯間隣接部に詰めた銀インレーが頬側
から光って見える銀歯だった (画像は20歳)。
 森下千里の左上6番は咬合面に銀インレーを詰めた銀歯だった 
(画像は22歳時)。
 その左上6番は銀インレーが頬側前方まではみ出して光っていて、
後日、本人のブログで森下千里が「小学生の時に入れた銀歯」と説明
していた。
 右上5番も銀インレーが頬側前方まではみ出して光る銀歯だった 
(画像は22歳時)。
 「デビュー時の歯科検診で前歯以外(治療済も含めて)全部虫歯と
診断されて恥ずかしかった」と森下千里はDVDで告白していた。
 23歳頃、下顎左右奥歯の銀インレーをレジン充填やオール
セラミッククラウンで全部真っ白に審美治療していた。
 後日、本人のブログで森下千里が「初めて東京で治した
かぶせ銀歯」と説明していた左上7番の銀クラウンが外れて
金属支台(コア)が露出して光っていた (画像は26歳時)。
 25歳の時、森下千里は「(治療済も含めて)8割の歯が虫歯」と
TV番組で告白していた。
 永久歯28本の8割=22本が虫歯だから、虫歯でない歯は6本
(おそらく最も虫歯になりにくい左下3番~右下3番)だけだ。
 左上1番と右上1番に少し白く、丸みを帯びた歯冠の差し歯(オール
セラミッククラウン)を森下千里は被せていた (画像は26歳時)。
 1枚目の20歳時の長方形の歯冠の画像と比べれば差し歯にした
ことは明らかだ。
 本人のブログで森下千里は「左上5番~左上7番の3本の虫歯が
再発した。
 昔、治療した部分の小さな隙間から虫歯菌が入り込むみたい。」
と告白し、歯医者で抜髄寸前まで削られた歯画像を公開していた 
(画像は26歳時)。
 左上6番と左上5番に加えて左上4番も無惨に削られ、奥の
左上7番が銀色の金属支台(コア)状態になっていた。
 森下千里は左上4番~左上6番にセラミックインレーを詰め、
左上7番にオールセラミッククラウン(差し歯)を被せていた。
 「技工士さんが、わざわざ来て、直に色や形のチェックをしてくれた」
とブログで告白していただけあって、見事な出来栄えだ。
 22本虫歯があってもこんな審美治療をしていれば、天然歯と
見分けがつかない (画像は26歳時)。
 さらに、ブログで森下千里は「右上5番と右上6番の両側が
また虫歯になった」と告白し、歯医者で抜髄寸前まで削られた
歯画像を公開していた (画像は26歳時)。
 右上5番に加えて、右上4番も削られていた。
 右上6番と右上7番も抜髄寸前まで無惨に削られていた
(画像は26歳時)。
 歯を磨くのが大好きで血が出るほど磨いているのに歯が弱く虫歯を
治療してもまた虫歯になるようだ。
 左上1番と右上1番の虫歯が再発して差し歯が脱落したので、
抜髄して歯冠を削り落として歯根の穴に差し歯(オールセラミック
クラウン)を挿していた。
 2本の逆三角形の歯冠を平行に連結し、かつ反っ歯気味に挿した
ため左上1番と左上2番との段差が目立っていた 
(画像は28歳時)。
 レジン充填していた左上2番と右上2番の虫歯が再発したので抜髄
して歯冠を削り落とし、左上1番と右上1番の差し歯も外して、
歯根の穴に森下千里は屈曲金属コア付の差し歯(オールセラミック
クラウン)4本をアーチ形に並ぶように歯軸を曲げ4本連結して
挿していた。
 長くて少し出っ歯かつ隙っ歯の上前歯2本のトレードマークを
森下千里は葬っていた (画像は31歳時)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/