女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
松たか子 (銀歯→セラミック) 再々々更新
【まとめ】
 松たか子の歯は出っ歯でガミー、
20歳:松たか子はセラミック差し歯:歯裏銀星上前歯2本,
銀歯(インレー)上奥歯3本、
28歳:松たか子は銀歯(インレー)奥歯(上+1本/下1本),差し歯上奥歯1本、
30歳:差し歯上奥歯+2本、<40歳:差し歯(上奥歯+4本/下奥歯6本),
セラミックインレー下奥歯1本。

【ヒストリー】
 17歳のデビュー時から左上1番と右上1番を松たか子は差し歯
(メタルボンドセラミッククラウン)に換装していた。
 松たか子は差し歯に換装した時に上唇小帯(上唇と上顎の歯茎を
繋ぐ靱帯)を切除したためか、松たか子はガミーになっていた。
 喫煙と差し歯のため、松たか子は歯茎が茶褐色に変色していた 
(画像は21歳時)。
 松たか子の差し歯の左上1番と右上1番の裏は真っ黒けの
金属だった (より鮮明な画像に差替、20歳時)。
 松たか子は銀歯があり、右上4番に銀インレーを詰めていて、
右上5番には差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を被せていて
舌側の歯茎との境目に黒い金属が見えていた (画像は28歳時)。
 さらに松たか子は銀歯があり、左上4番~左上6番にも
銀インレーを詰めていた 
(より鮮明な画像に差替、20歳時)。
 さらに松たか子は銀歯があり、右下6番にも銀インレーを
詰めていた (画像は28歳時)。
 結婚後。
 3枚目の画像の右上5番に加えて、右上6番と右上7番に
松たか子は差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
被せていて3本の差し歯の舌側の歯茎との境目に黒い金属が
露出していた (画像は30歳時)。
 4枚目の画像で見えた左上4番は銀インレーを詰めた銀歯
のままで、左上5番~左上7番に松たか子は差し歯(メタル
ボンドセラミッククラウン)を被せていて3本の差し歯の
舌側の歯茎との境目に黒い金属が露出していた 
(画像は36歳時)。
 見える範囲だけでも、松たか子は左上4番の銀インレーを
詰めた銀歯と、左上5番、左上1番、右上1番、右上4番、
右上5番の自歯に比べて白い差し歯が確認できる 
(鮎璃様御紹介、画像は36歳時)。
 長年の喫煙と差し歯のため、松たか子は歯茎が黒茶色に
変色していた (画像は36歳時)。
 第一子出産後。
 妊娠~出産まで喫煙を控えたためか歯茎は赤紫色にまで
改善していたが、相変わらず松たか子はガミーだった。
 左下6番、左下7番、右下4番~右下7番に松たか子は
差し歯(咬合面に溝がほとんどなく、やや黄色いセラミック
クラウン)を被せ、左下5番の舌側咬合面にはセラミック
インレーを詰めていた (鮎璃様情報、画像は40歳時)。
 2枚前と比べると明らかなように、松たか子は差し歯の
左上1番と右上1番のやや出っ歯で大きく長かった
セラミッククラウンを外し、歯根に挿してあった屈曲金属
コアは再使用し、両隣の歯に揃えて新しく作製した
小さく短いセラミッククラウンを被せていたが、それらの
上前歯2本だけが黒ずんでしまい、女優失格の歯になって
いた (画像は40歳時)。
 小さく短くしたために肉厚が薄くなったセラミック
クラウンに透明度が高い材料を選んだのが失敗で、金属コア
が透けて歯が黒ずんで見えていた。
 さらに松たか子は差し歯のセラミッククラウンを小さく
短くしたので、紫色の歯茎がむき出しのガミーがさらに
目立っていた。
 さらに900人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/