女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/出っ歯/八重歯から差し歯/入れ歯/矯正への追跡画像/解説
中村アン (八重歯→差し歯) 更新
【まとめ】
 中村アンの歯は八重歯両側→22歳:中村アンは上前歯6本差し歯
(便器白歯),上奥歯2本差し歯、26歳:上奥歯+1本差し歯、
27歳:上奥歯+1本(残根→差し歯)。

【ヒストリー】
 左上1番と右上1番が大きくて唇側転位し、左上2番と右上2番が
舌側転位していたので、中村アンは八重歯に見えていた 
(画像は21歳時)。
 中村アンは左上1番と右上1番の中央の歯間隣接部に黒い虫歯が
出来ていた (画像は22歳時)。
 中村アンはガールズアワードの幕間で飴を食べたら、左上1番と
右上1番の切端の中央の虫歯の部分が欠けてしまい、そのまま、
ショーに出演して本人のブログに「ショーで歯がかけたなり」
と書いていた (画像は22歳時)。
 左上3番~右上3番を抜髄してぐるりと削り、中村アンは左上3番~
右上3番に6本連結の真っ白な差し歯(スーパーセラミックラミネートベニア:
実体は肉厚0.8mmのオールセラミッククラウン)を綺麗なアーチ形に並ぶ
ように曲げて被せて八重歯を直していた。 
 ブログに「前歯の虫歯がひどかった~虫歯をほったらかしていた~
お酒に強いので麻酔が中々かからず(削られるのが)痛かった」と書いていた。
 さらに左上5番を抜髄して歯冠を削り落とし、クラウンを被せるための
支台築造中だった。
 ブログに中村アンは「奥歯の虫歯の治療で神経を抜いた」と書いていた
(画像は22歳時)。
 中村アンは左上4番にラミネートベニアを貼り、左上5番にオール
セラミッククラウン(差し歯)を挿していた。
 ブログに「歯医者に通い続けてキレイな歯をめざします」と書いていた。 
 さらに右上4番を抜髄して歯冠を削り落とし、クラウンを被せるための
支台築造中だった。
 ブログに中村アンは「虫歯がしみる。本気で歯磨きしようと誓った。」
と書いていた (画像は22歳時)。
 右上4番にもオールセラミッククラウン(差し歯)を挿していた。
 真っ白で綺麗な歯並びになっていたが、TV番組で中村アンは
「虫歯がいっぱいあるんです」と告白していた (画像は23歳時)。
 下顎の黄色い自歯に比べて上顎の真っ白な差し歯が目立ち、
中村アンは非常識な「便器白歯の獅子舞」になっていた。
右上5番を抜髄して歯冠を削り落とし、差し歯を挿す前段階の
根管治療を開始し、右上4番も差し歯を外して再根管治療が必要に
なったので歯がないように見えるのを隠すため、右上4番に頬側に
膨らませた白い仮歯を装着していた (画像は25歳時)。
 中村アンの左上1番と右上1番の差し歯(スーパーセラミック
ラミネートベニア)の裏側には自歯の歯質が露出していて抜髄した
ために黄褐色になっていた。
 中村アンは虫歯体質なのでセラミックで覆っていないと虫歯が再発
しそうだ (画像は26歳時)。
 中村アンは左上4番の後側のラミネートベニアがはがれ落ちて
左上4番の後側半分に黄色い自歯が見えていた。 
 まさに「便器白歯の獅子舞」の化けの皮がはがれた瞬間だ。
 彼女の歯科医は菊地亜美と高橋真麻の歯も非常識な「便器白歯
の獅子舞」に変えていて、黄色い上前歯を便器白歯の差し歯に
換装する時に罪悪感を感じていて、横の小臼歯には便器白歯の
ラミネートベニアを貼っているが、ラミネートベニアはよく
はがれるので芸能人には使えないことを全く理解していないようだ 
(画像は26歳時)。
 ラミネートベニアがはがれ落ちた左上4番の後側に新しいラミネート
ベニアを貼ったのでつぎはぎになり、前側と後側との間につなぎ目が
見えていた (画像は26歳時)。
 左上4番のラミネートベニアがまた剥がれたのでラミネートベニア
に見切りをつけて、左上4番をぐるりと削って中村アンは左上4番に
白いオールセラミッククラウン(差し歯)を被せていた 
(画像は26歳時)。
 根管治療中の右上5番の仮歯が脱落して歯茎の中の歯根だけが残り、
中村アンは歯抜けに見えていた (画像は27歳時)。
中村アンは虫歯体質で歯が溶けやすいためか、ラミネートベニアの
はがれや仮歯の脱落が多発していた。
 中村アンは右上5番の歯根にオールセラミッククラウン(差し歯)
を挿していた (画像は27歳時)。