女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/出っ歯/八重歯から差し歯/入れ歯/矯正への追跡画像/解説
比嘉愛未 (差し歯) 更新
【まとめ】
 比嘉愛未の歯は上前歯2本V字形→
20歳:比嘉愛未は上前歯4本差し歯。

【ヒストリー】
 大きな左上1番と右上1番がV字形に開いていて可愛い歯
だったが、比嘉愛未は2本の歯間隣接部の歯茎寄りにそれぞれ
茶色の虫歯が出来ていた (画像は17歳時)。
 もう1枚 (画像は20歳時)。
 左上2番~右上2番を抜髄して歯冠を削り落とし歯根の穴に
比嘉愛未は左上1番と右上1番は小さめの歯冠の差し歯
(セラミッククラウン)を歯軸を回転して挿し、左上2番と
右上2番は屈曲金属コア付の差し歯(セラミッククラウン)を
切端を唇側に曲げて挿して、虫歯と歯並びを直していた
(画像は20歳時)。
 上顎の歯茎と上唇を繋ぐ靱帯(上唇小帯)を切ったためか、
大口を開けるとグッキーになり赤黒く腫れた上前歯の歯茎が丸見え
になっていた。
 歯茎がうづくためか、目つきも悪くなってしまった。
 比嘉愛未はWeb日記に
「2006,9,8 まなみ日記 今日は歯医者さんの日☆
 歯医者に通うのなんて何年ぶりだろ…子供の頃は頻繁に
行ってたのに」と書いているので虫歯治療痕が多いはずなのに
見つからない。
  歯医者通いで前歯の虫歯治療に加えて、奥歯もレジンや
セラミックで白く審美治療したに違いない 
(画像は22歳時)。
 相変わらず、口を開けるとグッキーになり赤黒く腫れた上前歯の
歯茎が丸見えになっていた (画像は26歳直前)。
 もう一枚 (画像は26歳直前)。
 6枚目の画像と比べると明らかなように、左上2番~右上2番の
差し歯を2回り大きな歯冠の差し歯(オールセラミッククラウン)
に交換し、左上1番と左上1番をやや出っ歯気味に唇側転位させて
挿して、比嘉愛未はグッキーを直していた 
(画像は27歳時)。
 左上2番~右上2番の差し歯が大きすぎて下前歯にぶつけて割れた
ようで最初より大きいが直近より小さな歯冠の差し歯(オール
セラミッククラウン)に交換していたので、比嘉愛未は小さく口を
開けた時は大丈夫だが、大口を開けると歯茎が丸見えになるグッキー
が復活していた (画像は30歳時)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/