女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
中森明菜 (乱杭歯→セラミック、銀歯) 画像追加
【まとめ】
 中森明菜は銀歯2本経験/セラミック歯4本 →
(中森明菜の歯の詳細) 中森明菜は乱杭歯、
17歳:中森明菜はセラミック差し歯上前歯3本、
中森明菜は銀歯(クラウン)下奥歯2本、20歳:差し歯上奥歯1本。

【ヒストリー】 
 デビュー前、右上2番と左上1番が舌側転位し、左上1番の切端
は右上1番側に30度曲がり、右上1番が唇側転位していて、
中森明菜は乱杭歯だった (画像は16歳時)。
 もう1枚 (画像は16歳時)。
 デビュー時(17歳直前)に、左上1番、右上1番、右上2番を
抜髄し、歯冠を削り落とし歯根の穴に中森明菜は屈曲金属コア付の
差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を3本が平行に並ぶように
曲げて挿して乱杭歯を直していた。
 差し歯に換装してわずか2年で3本の差し歯と歯茎との境目に
黒い線が見えるようになった (画像は18歳時)。
 中森明菜は「前歯が一本出てるのが好きだったのに事務所にすぐに
直せと言われて3本差し歯にしたけど後で腫れて大変だった」と告白
していた。
 中森明菜は差し歯3本を裏側の真っ黒けの金属部で連結していた 
(画像は26歳時)。
 中森明菜の右下6番は銀クラウンを被せた銀歯だった 
(画像は17歳時)。
 左下5番も銀クラウンを被せた銀歯だった (画像は17歳時)。
 中森明菜の左上6番は舌側の歯茎との境目のみ黒いメタルボンド
セラミッククラウン(差し歯)だった (画像は20歳時)。
 右上1番の歯冠が異様に長く、3本の差し歯と歯茎との境目に
黒い線が見える「差し歯バレバレ」状態を長年放置していた 
(画像は28歳時)。
 ようやく、左上1番、右上1番、右上2番の3連結差し歯
(セラミッククラウン)を作り直し、歯肉を自家移植して3本の
差し歯と歯茎との境目の黒い線を消したが、相変わらず右上1番の
歯冠が長く、さらに治療の邪魔になる上唇と歯茎を繋ぐ靱帯
(上唇小帯)を切除したためか歯茎が剥き出しのぐっきーになり、
差し歯の真っ黒な歯茎が目立っていた (画像は39歳時)。
 左上1番、右上1番、右上2番の3連結差し歯を中森明菜は小さめの
オールセラミッククラウンで作り直し、上前歯6本の歯冠の大きさと
上下左右の並びを綺麗に揃え、差し歯の歯茎の色を暗赤色にまで改善
したが、ぐっきーだけは直せなかった (画像は41歳時)。
 自身をモチーフとしたパチンコ台の発表時。
 赤紫色の歯茎と黄褐色の歯が不健康そうに見えていた
(画像は45歳時)。
 4年間の芸能活動休止後、紅白歌合戦(企画枠)に中継で出演時 
(画像は49歳時)。
 そのTV中継の事前インタビュー時。
 相変わらず、歯茎は赤紫色だった (画像は49歳時)。
 さらに1100人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/