女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への治療履歴画像/解説
島袋寛子 (銀歯1本、セラミック4本、八重歯矯正) 更新
【まとめ】
元SPEEDの島袋寛子は銀歯1本/セラミック4本←歯列矯正/八重歯
→ (島袋寛子の歯の詳細) 島袋寛子は八重歯両側、
16歳:抜歯下奥歯1本、
20歳:島袋寛子は銀歯(インレー)下奥歯1本、
21歳:島袋寛子はセラミック差し歯上奥歯4本、
25歳:島袋寛子は歯列矯正。

【最新】 島袋寛子の歯は治療6本。

【ヒストリー】
 左上3番と右上3番の乳歯が島袋寛子は抜けた後、永久歯が
まだ生えていなかった (画像は11歳時)。
 左上3番と右上3番の永久歯が萌出したが十分な隙間がなくて
唇側上方転位して切端が少し唇側に曲がり、SPEEDの島袋寛子は
八重歯になっていた (画像は12歳時)。
 左上4番、左上5番、右上4番、右上5番、左下4番の歯が
島袋寛子は切端が45度舌側に曲がっていた。
 左下5番の歯が島袋寛子は歯列弓をはずれて生えたので抜歯
していた (画像は16歳時)。
 ラジオ番組で島袋寛子(hiro)は「数本の虫歯を治療中」と
告白していた。
 島袋寛子は銀歯があり、左下6番に銀インレーを詰めていた 
(画像は20歳時)。
 歯茎は綺麗なピンク色だったが、島袋寛子は歯が黄色かった。
 左上6番、左上5番、右上5番、右上6番に島袋寛子は
セラミッククラウン(白い差し歯)を被せていた。
 左上3番と右上3番の唇側上方転位がよくわかる 
(画像は21歳時)。
 左上4番と右上4番を抜歯せず、オフ時と就寝時にマウス
ピースを装着して上顎の左上3番と右上3番以外の歯を
島袋寛子は唇側や頬側に押し出す方法で歯列矯正中だった 
(画像は25歳時)。
 マウスピースにより上顎の左上3番と右上3番以外の歯を
島袋寛子は唇側や頬側に押し出したものの、左上3番と右上3番
がまだ八重歯だったので上顎の全ての歯にセラミックブラケット
を接着し、黄色いワイヤーをかける通常の歯列矯正を島袋寛子は
始めていた (画像は25歳時)。
 歯列矯正用の黄色いワイヤーがよく見える。
 島袋寛子は八重歯が直っていた。
 しかし、左上4番と右上4番の歯を島袋寛子は抜歯せず、
上顎の歯を唇側や頬側に押し出して歯列矯正したため、
上前歯が少し出っ歯になっていた (画像は26歳時)。
 歯列矯正が進展して、上前歯の出っ歯が島袋寛子は軽減
していた(画像は26歳時)。
 歯列矯正が終了したが、左上1番と右上1番の歯が
島袋寛子はややV字形に開いていた (画像は27歳時)。
 32歳の時、12歳年下の彼氏と島袋寛子は結婚していた
(画像は32歳頃)。
 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/