女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
高橋真梨子 (八重歯→セラミック4本、銀歯3本) 再々更新
【まとめ】
高橋真梨子は八重歯/銀歯3本 → セラミック歯4本 →
(高橋真梨子の歯の詳細) 高橋真梨子は八重歯片側、
30歳:高橋真梨子は銀歯(インレー)上奥歯1本、
49歳:高橋真梨子はセラミック差し歯上(前1本/奥1本)、
52歳:銀歯(クラウン)下奥歯1本,銀歯(インレー)下奥歯1本、
66歳:差し歯上奥歯+2本。

【最新】 高橋真梨子の歯は治療7本。

【ヒストリー】
 ペドロ&カプリシャスの2代目ボーカル時代。
 左上1番と右上1番が大きくて右上1番の右上2番側が30度
唇側に捻転して2本がややV字形に開き、向かって左側から見ると
左上2番がないように見えて高橋真梨子は左上3番が八重歯に
見えていた (画像は24歳時)。
 正面から見ると小さな左上2番が見えていた。
 また、左上4番が舌側に大きく転位していた (画像は24歳時)。
 向かって右側から見るとさらに大きく見えていたので、 左上2番が
90度捻転していたことがわかる (画像は24歳時)。
 ソロデビュー時。
 高橋真梨子の左上6番は前方に銀インレーを詰めた銀歯だった
(画像は30歳時)。
 結婚後。
 左上2番を抜髄し歯冠を削り落とし歯根の穴に髙橋真梨子は
屈曲金属コア付の自歯より白い差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を歯軸を90度回転し切端を唇側に曲げて挿して八重歯
を直していた。
 左上4番も抜髄し歯冠を削り落とし歯根の穴に屈曲金属コア付の
自歯より白い差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を切端を
唇側に曲げて挿して舌側転位を軽く直していた (画像は49歳時)。
 左下1番が唇側転位し、左下2番が舌側転位していた。
 高橋真梨子(髙橋真梨子)の左下5番は銀クラウンを被せた銀歯
だった (画像は52歳時)。
 高橋真梨子の右下6番は大きな銀インレーを詰めた銀歯だった
(画像は52歳時)。
 化粧品のCMに出演時 (画像は54歳時)。
 左上2番と左上4番の差し歯が白くて目立っていた
(画像は59歳時)。
 64歳。
 高橋真梨子の右上6番と左上7番は舌側の歯茎との境目に金属が
露出したメタルボンドセラミッククラウン(差し歯)でキラリと
光っていた (画像は67歳時)。

 さらに1200人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/