女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
斉藤由貴 (セラミック、銀歯) 更新
【まとめ】
 斉藤由貴の歯は、15歳:差し歯上前歯2本、
18歳:斉藤由貴はセラミック差し歯上前歯+2本、
19歳:斉藤由貴は銀歯(インレー)上奥歯2本、
32歳/45歳/50歳:セラミック差し歯上奥歯各1本。

【ヒストリー】
 左上2番と右上2番がやや舌側転位し、左上1番と右上1番
の歯が斉藤由貴は大きく長くて右上1番の右上2番側が40度
唇側捻転していた (より鮮明な画像に差替、13歳時)。
 左上4番の切端が舌側に30度曲がっていたので斉藤由貴は
左上3番が八重歯に見えていた。
 左上1番と右上1番が大きな虫歯で崩壊したので抜髄し歯冠
を削り落として歯根の穴に斉藤由貴は差し歯(両隣の自歯の色
に合わせた黄色い短めの硬質レジン前装金属冠を2本平行に
挿して唇側捻転を直していた (画像は15歳時)。
 雑誌のミスコンテストでグランプリ受賞時。
 左上4番が舌側へ30度曲がっているのが見える。
 左上2番と右上2番も抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に
斉藤由貴は差し歯(屈曲金属コア付の自歯に比べて白いメタル
ボンドセラミッククラウンを唇側に曲げて挿して上前歯4本を
アーチ状の歯並びに直していた。
 しかし、左上1番と右上1番は黄色い差し歯(硬質レジン
前装金属冠)のままで歯茎との境目が黒ずんでいた 
(画像は18歳時)。
 差し歯だと気づかれないように斉藤由貴はほとんど歯を
見せなかったのでこれらは貴重な画像だ 
(画像は18歳時)。
 斉藤由貴は朝の連続テレビドラマに出演していた。
 斉藤由貴は銀歯があり、左上5番と左上6番に銀インレー
を詰めていた (新画像、19歳時)。
 斉藤由貴の差し歯の左上2番~右上2番の裏側は真っ黒けの
金属だった (MB様御提供画像、22歳時)。
 2人の芸能人と不倫後、28歳の時、斉藤由貴は結婚して
いた。
 斉藤由貴は右上4番にも差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を被せていて歯茎との境目に黒い金属が露出して
いた (画像は32歳時)。
 この頃ようやく、斉藤由貴は「学校の授業で笛をくわえたら
(虫歯の)前歯がボロボロと砕けてしまいました」「(上前歯
を指さして)自分の歯じゃないんです」とTV番組で告白して
いた。
 33歳、37歳、38歳の時、斉藤由貴は出産していた。
 左上2番~右上2番と右上4番の差し歯を斉藤由貴は
差し歯(セラミッククラウン)に交換していた 
(画像は42歳時)。
 左上4番を抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に斉藤由貴は
差し歯(屈曲金属コア付の自歯に合わせた黄色いセラミック
クラウンを唇側に曲げて挿して左上4番の歯列弓から舌側への
凹みを直していた (新画像、45歳時)。
 50歳の時、子持ちの50代の医師と5年間、斉藤由貴は
不倫していたことが明るみに出て、謝罪していた。
 左上5番にも斉藤由貴は差し歯(セラミッククラウン)を
被せていた (新画像、50歳時)。
 さらに1000人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/