女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
各掲示板、Home page 
重盛さと美 (銀歯クラウン2本→セラミック等20本) 再更新 画像一括拡大
【まとめ】
 重盛さと美は銀歯2本→セラミック等20本:元便器白歯
→ (重盛さと美(しげもり さとみ)の歯の詳細)
18歳:重盛さと美は銀歯(クラウン)奥歯上奥歯2本、
22歳:重盛さと美はレジン差し歯上前歯4本,
抜歯上奥歯1本/前後3本レジン仮歯,
抜歯左右下奥歯各1本/前後各3本レジン仮歯/
金属ワイヤ固定。
<29歳:セラミック差し歯下(前歯1本/奥歯6本)、
<31歳:セラミック差し歯上(前+2本/奥4本):便器白歯、
31歳:セラミック差し歯上(前6本/奥4本):自然色。

【最新】 重盛さと美の歯は治療20本。

【ヒストリー】
 左上1番と右上1番の歯が重盛さと美は大きかった
(画像は12歳頃)。
 18歳の時、重盛さと美はグラビアアイドルになり、
DVDデビューするとともに、19歳の時、情報番組のコーナー
でテレビデビューしていた。
 重盛さと美は銀歯があり、左上5番と左上6番に銀クラウン
を被せていた (画像は18歳時)。
 上顎と下顎の奥歯が重盛さと美は反対咬合(上顎の歯の
頬側が下顎の歯の舌側と咬合)していた。
 2枚目と比べると明らかなように、左上2番~右上2番を
抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に重盛さと美は差し歯
(レジンジャケットクラウン)を挿していたが、左上1番と
右上1番の歯冠が細長くて、互いに中央に向けて曲がり、
左上1番の切端が右上1番の唇側に少し重なっていたので
貧相に見えていた
 さらに、重盛さと美は左上5番を抜歯し、左上4番~
左上6番にブリッジを架けるべきところに、レジン製の仮歯
を3本連結して放置していた (画像は22歳時)。
 ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu
 さらに、重盛さと美は左下6番と右下6番も抜歯し、
左下5番~左下7番、右下5番~右下7番にそれぞれブリッジ
を架けるべきところに、レジン製の仮歯を3本ずつ連結し、
裏側矯正を行っているように見せかけた金属ワイヤーを
左下7番~右下7番の14本の舌側に仮着してレジン製の仮歯
を固定していた (画像は22歳時)。
 2枚前と比べると明らかなように、左上2番~右上2番の
差し歯を外して、左上2番と右上2番の歯冠の幅を狭くし、
左上1番と右上1番の歯冠の幅を広くした新しい差し歯を
重盛さと美は4本が重ならず平行に並ぶように挿して貧相さ
を直していたが、左上1番と右上1番の幅が広すぎて奇異に
見えていた (画像は24歳時)。
 3枚目と比べると明らかなように、左下3番~左下6番、
右下4番~右下6番に重盛さと美はセラミッククラウン
(下前歯の自歯と比べて白すぎる差し歯)を被せていた
(画像は29歳時)。
 2枚前と比べると明らかなように、左上5番~右上5番に
重盛さと美はセラミッククラウン(白すぎる差し歯)を被せて
いて、歯の形や歯並びは綺麗になったが便器白歯の獅子舞に
なっていた (画像は31歳時)。
 上前歯が白く大きすぎて不評だったようで、1枚前と比べる
と明らかなように、左上5番~右上5番のセラミッククラウン
を重盛さと美は外して、自然色でやや小さ目のセラミック
クラウン(差し歯)に交換していた (新画像、31歳時)。

 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
松田聖子 (八重歯、銀歯14本→セラミック23本) 再々更新 画像一括拡大
【まとめ】
松田聖子は八重歯/銀歯14本経験 → セラミック歯23本
(内6本ブリッジ) → (松田聖子の歯の詳細) 
松田聖子は八重歯両側→
18歳:差し歯ブリッジ前上3本(八重歯軽減)、
<20歳:松田聖子は銀歯(インレー)奥歯(上8本/下6本)、
30歳:差し歯ブリッジ奥上3本,差し歯前上+2本、
36歳:松田聖子はセラミック差し歯(上14本
(含ブリッジx2)/下(前3本/奥6本))。

【最新】 松田聖子の歯は治療23本。

【ヒストリー】
 歌手デビュー前。
 全体的に歯の色が黄色かった。
 右上1番の右上2番側がやや外側に捻転し、右上2番が
舌側転位して少し奥に凹んでいて、右上3番が唇側転位して
いて向かって左側が軽い八重歯だった。
 左上1番と左上3番の間に左上2番が奥深く舌側転位して
隠れていたので松田聖子の向かって右側は醜い八重歯だった
(画像は17歳時)。
 歌手デビュー時。
 左上2番を抜歯し、左上1番と左上3番を削り、
松田聖子は差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
被せて両側の橋脚としたブリッジで左上2番のダミー歯
(固定式入れ歯)を取り付けて、左上1番~右上3番を
軽い八重歯に直していた。
 松田聖子の歯は全て黄色いのに、これら3本だけが白くて
目立っていた (画像は18歳時)。
 PC専用・ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu
 左上1番~左上3番の松田聖子の差し歯ブリッジの裏は
真っ黒けの金属だったので、喫煙しているとの噂が流れて
いた。
 松田聖子は銀歯があり、上左右4番~7番計8本に
銀インレーを詰めていた (画像は18歳時)。
 さらに松田聖子は銀歯があり、下左右5番~7番の計6本
にも銀インレーを詰めていた (画像は20歳時)。
 23歳で結婚。
 その後、二次う蝕のため右上5番を抜歯し、右上4番と
右上6番を削り、松田聖子は差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を被せて両側の橋脚としたブリッジで右上5番の
ダミー歯(固定式入れ歯)を連結していた。
 右上2番と右上1番も松田聖子は差し歯(セラミック
クラウン)に換装し、左上1番~左上3番のブリッジも作り
直したが、両隣の黄色い自歯(長すぎる右上3番と奥に凹んだ
左上4番~5番)が災いして、まだ松田聖子は八重歯に見えて
いた (画像は30歳時)。
 昔から下前歯が松田聖子は乱杭歯で左下1番と右下2番が
唇側転位し、右下3番が舌側転位して奥に凹んでいた 
(画像は34歳時)。
 再婚時。
 審美歯科に3日間入院し治療費500万円で上下合計23本
(左上7番~右上7番、左下1番、右下2番、右下3番、
左下5番~左下7番、右下5番~右下7番)を松田聖子は
差し歯(セラミッククラウン)に換装していた。
 上左右3番の前後と下前歯の凸凹を見事に無くし、松田聖子
は歯並びを完璧に直していた。
 同時に全ての黒い治療痕(銀インレー)も白く再治療して、
松田聖子は歯の色を自然に白いA2に揃えていた。
 ただ、上前歯4本の松田聖子の歯の形がちょっと不自然
だった (画像は36歳時)。
 松田聖子は差し歯(セラミッククラウン)の上前歯6本
(左上2番はダミー歯(固定式の入れ歯))を自然で綺麗な
歯の形に作り直していた (画像は42歳時)。
 松田聖子は抜歯した左上2番の歯肉の退縮をダミー歯の
歯冠を長くして隠していた。
 右上2番の歯冠の長さと比べれば一目瞭然だ 
(画像は43歳時)。
 舌側転位していた左上2番と酷い虫歯だった右上5番を
松田聖子は抜歯していて、それらの跡にはダミー歯(固定式
の入れ歯)を両隣の差し歯を橋脚とするブリッジを架けて
取り付けていた。
 よく見ると、左上2番と右上5番の松田聖子の歯は両隣
の歯との間に歯肉がなく歯が異様に上に長い。
 抜歯して歯茎が上がってしまったので隙間を隠すため
ダミー歯を松田聖子が上に長くしたためだ。
 歯肉が逃げて歯がピアノの白鍵盤のように見えるのが
ブリッジの泣き所だ (画像は45歳時)。
 PC専用・ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu
 昔、右上5番の歯を松田聖子は虫歯で抜歯したので歯肉が
逃げて歯茎が窪んでいた。
 その跡にはブリッジを架けてダミー歯(固定式の入れ歯)を
松田聖子は取り付けていたが、部分入れ歯のように偽歯茎で
覆えないので歯茎の窪みが丸見えになっていた 
(画像は45歳時)。
 再々婚後。
 松田聖子は差し歯(セラミッククラウン)をよく
メインテナンスしていたが、相変わらず、左上2番と
右上5番のダミー歯(固定式の入れ歯)の歯茎が窪んで
いた (画像は55歳時)。
 1964年~1960年生 掲載者リンク一覧
http://yabuisha.webcrow.jp/tanjyonen2.html#a8

 さらに1200人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
綿瀬莉織 (銀歯10本) 更新 画像一括拡大
【まとめ】
元Chu!☆Lipsの綿瀬莉織は銀歯10本 →
(綿瀬莉織(わたせ りお)の歯の詳細)
<20歳:綿瀬莉織は銀歯(インレー)奥歯(上6本/下4本)。

【最新】 綿瀬莉織の歯は治療10本。

【ヒストリー】
 19歳直前に綿瀬莉織はChu!☆Lips(チュッリップス:
アイドルグループ)の「りお」として結成メンバーになって
いた。
 右上1番、左上1番、左上2番の歯が綿瀬莉織は切端が
それぞれ向かって右に30度曲がり、歯軸もそれぞれ
向かって右に30度捻転し、右上1番がやや唇側転位し、
さらに左下1番が少し舌側転位していた
(画像は19歳時)。
 Chu!☆Lips の綿瀬莉織は銀歯があり、左下7番、
左下6番、右下6番、右下7番の咬合面の大半に銀インレー
を詰めていて銀クラウンみたいにギラギラと光っていた 
(画像は19歳時)。
 さらに、綿瀬莉織は銀歯があり、左上4番、左上5番、
右上4番~右上7番にも咬合面の大半に銀インレーを詰めて
いて黒光りしていた ( j j 様情報、新画像、20歳時)。

 綿瀬莉織が25歳の時、Chu!☆Lips は解散したが、
30歳まで毎年、一夜限りの復活ライブを行っていた。

 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
中森明菜 (乱杭歯→セラミック4本、銀歯2本) 画像追加 画像一括拡大
【まとめ】
 中森明菜は銀歯2本経験/セラミック歯4本 →
(中森明菜の歯の詳細) 中森明菜は乱杭歯、
17歳:中森明菜はセラミック差し歯上前歯3本、
中森明菜は銀歯(クラウン)下奥歯2本、20歳:差し歯上奥歯1本。

【最新】 中森明菜の歯は治療6本。

【ヒストリー】 
 デビュー前、右上2番と左上1番が舌側転位し、左上1番の切端
は右上1番側に30度曲がり、右上1番が唇側転位していて、
中森明菜は乱杭歯だった (画像は16歳時)。
 もう1枚 (画像は16歳時)。
 デビュー時(17歳直前)に、左上1番、右上1番、右上2番を
抜髄し、歯冠を削り落とし歯根の穴に中森明菜は屈曲金属コア付の
差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を3本が平行に並ぶように
曲げて挿して乱杭歯を直していた。
 差し歯に換装してわずか2年で3本の差し歯と歯茎との境目に
黒い線が見えるようになった (画像は18歳時)。
 中森明菜は「前歯が一本出てるのが好きだったのに事務所にすぐに
直せと言われて3本差し歯にしたけど後で腫れて大変だった」と告白
していた。
 中森明菜は差し歯3本を裏側の真っ黒けの金属部で連結していた 
(画像は26歳時)。
 中森明菜の右下6番は銀クラウンを被せた銀歯だった 
(画像は17歳時)。
 左下5番も銀クラウンを被せた銀歯だった (画像は17歳時)。
 中森明菜の左上6番は舌側の歯茎との境目のみ黒いメタルボンド
セラミッククラウン(差し歯)だった (画像は20歳時)。
 右上1番の歯冠が異様に長く、3本の差し歯と歯茎との境目に
黒い線が見える「差し歯バレバレ」状態を長年放置していた 
(画像は28歳時)。
 ようやく、左上1番、右上1番、右上2番の3連結差し歯
(セラミッククラウン)を作り直し、歯肉を自家移植して3本の
差し歯と歯茎との境目の黒い線を消したが、相変わらず右上1番の
歯冠が長く、さらに治療の邪魔になる上唇と歯茎を繋ぐ靱帯
(上唇小帯)を切除したためか歯茎が剥き出しのぐっきーになり、
差し歯の真っ黒な歯茎が目立っていた (画像は39歳時)。
 左上1番、右上1番、右上2番の3連結差し歯を中森明菜は小さめの
オールセラミッククラウンで作り直し、上前歯6本の歯冠の大きさと
上下左右の並びを綺麗に揃え、差し歯の歯茎の色を暗赤色にまで改善
したが、ぐっきーだけは直せなかった (画像は41歳時)。
 自身をモチーフとしたパチンコ台の発表時。
 赤紫色の歯茎と黄褐色の歯が不健康そうに見えていた
(画像は45歳時)。
 4年間の芸能活動休止後、紅白歌合戦(企画枠)に中継で出演時 
(画像は49歳時)。
 そのTV中継の事前インタビュー時。
 相変わらず、歯茎は赤紫色だった (画像は49歳時)。
 さらに1200人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
常盤貴子 (銀歯クラウン等6本/捻転歯→セラミック10本)  更新 画像一括拡大
【まとめ】
常盤貴子は銀歯6本/捻転歯→セラミック10本 →
(常盤貴子(ときわ たかこ)の歯の詳細)
常盤貴子は捻転歯上側切歯2本、
<20歳:常盤貴子は銀歯クラウン下奥歯1本,
常盤貴子は銀歯(インレー)奥歯上奥歯1本,
常盤貴子はセラミック差し歯上奥歯2本、
<23歳:銀歯(インレー)下奥歯4本、
<28歳:差し歯上奥歯2本、<35歳:差し歯(前上1本/奥下1本),
セラミックインレー下奥歯4本、

【最新】 常盤貴子の歯は治療10本。

【ヒストリー】
 19歳の時、常盤貴子は女優になり、テレビドラマにも
出演していた。
 右上2番の歯が常盤貴子は右上3番側が唇側に30度捻転
していて切端が唇側に飛び出していた。
 常盤貴子は銀歯があり、左上4番の頬側前方に銀インレー
がはみ出し、左下6番には銀クラウンを被せていた。
 常盤貴子は差し歯もあり、左上5番と左上6番にセラミック
クラウンを被せていて、自歯と比べて白すぎて目立っていた 
(画像は20歳頃)。
 上顎左右の奥歯はいずれも切端が45度舌側に傾いていた
(画像は21歳時)。
 右上2番の歯が常盤貴子は切端が25度右上3番側に
曲がり、左上2番は左上1番側が35度唇側捻転していて、
ニヒルな歯並びだった (画像は21歳時)。
 さらに、常盤貴子は銀歯があり、右下6番、右下7番、
左下5番、左下7番にも銀インレーを詰めていた 
(新画像、23歳時)。
 1枚目でも見えていたが、常盤貴子の左下6番は
銀クラウンを被せた銀歯でギラリと光っていた
(新画像、24歳時)。
 上顎左右奥歯の頬側に金具を仮着して、常盤貴子は歯列矯正
を始めたが、一年経たずに中止していた 
(画像は27歳時)。
 右上5番と右上6番に常盤貴子は差し歯(セラミック
クラウン)を被せていて、歯茎との境目が窪んでいた 
(画像は28歳時)。
 相変わらず、右上2番の歯が常盤貴子は切端が25度
右上3番側に曲がり、左上2番は左上1番側が35度唇側
捻転していて、ニヒルな歯並びだった (画像は29歳時)。
 1枚前と比べると明らかなように、右上2番を抜髄し歯冠を
削り落して歯根の穴に常盤貴子は差し歯(屈曲金属コア付の
セラミッククラウン)を歯軸を曲げたり回転して挿して
アーチ形の歯並びに直していた。
 さらに、左下6番、左下7番、右下5番、右下7番は削って
セラミックインレーを詰め、左上4番と左下6番には差し歯
(セラミッククラウン)を被せて、下顎の銀歯を常盤貴子は
一掃していた (画像は35歳時)。
 37歳の時、常盤貴子は結婚していた 
(画像は36歳直前)。
 45歳(新画像)。
 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
小宮有紗 (銀歯4本、セラミック等3本) 再々更新 画像一括拡大
【まとめ】
Aqoursの小宮有紗は銀歯4本/セラミック2本/レジン1本
→ (小宮有紗(こみや ありさ)の歯の詳細)
19歳:小宮有紗は銀歯(インレー)下奥歯4本,
レジン充填下奥歯1本、24歳:捻転歯上前歯1本→
25歳:小宮有紗はセラミック差し歯上前歯2本。

【最新】 小宮有紗の歯は治療7本。

【ヒストリー】
 18歳の時、小宮有紗は特撮ドラマのヒロインになって
いた (画像は18歳時)。
 小宮有紗は銀歯があり、左下5番と右下5番に銀インレー
を詰め、右下4番にはレジン充填していた 
(サファイア様、ここ様情報、画像は19歳時)。

 さらに、小宮有紗は銀歯があり、左下6番と右下6番にも
銀インレーを詰めていた (画像は19歳時)。
 オーディションに合格して、21歳の時、テレビアニメ
「ラブライブ!サンシャイン!!」の黒澤ダイヤ役で小宮有紗
は声優になり、9人組声優ユニット「Aqours(アクア)」の
メンバーにもなっていた (画像は23歳時)。
 右上8番の親知らずが生えて歯を前に押し出したようで、
右上1番の歯が小宮有紗は左上1番側が25度舌側捻転
していた (画像は24歳時)。
 正面から見ても、右上1番の歯が小宮有紗は捻転している
ことが確認できる (画像は24歳時)。
 25歳の時、1枚前や2枚前と比べると明らかなように、
左上1番と右上1番を抜髄し歯冠を削り落して歯根の穴に
小宮有紗は差し歯(屈曲金属コア付の少し幅を狭く作製した
セラミッククラウン)2本を歯軸を舌側に曲げたり回転して
挿して、上前歯6本をアーチ形の歯並びに直していた 
(新画像、26歳直後)。
 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
 上げ。
浜崎あゆみ (八重歯→セラミック10本) 再更新 画像一括拡大
【まとめ】
浜崎あゆみは八重歯 → セラミック歯10本 →
(浜崎あゆみの歯の詳細) 浜崎あゆみは八重歯両側→
16歳:浜崎あゆみはセラミック差し歯上前歯6本、
22歳:差し歯上奥歯1本、26歳:差し歯(前下1本/奥上+2本)。

【最新】 浜崎あゆみ の歯は治療10本。

【ヒストリー】
 12歳頃、浜崎あゆみは地方のテレビCMに出演していた。
 左上3番と右上3番の歯が唇側転位していて浜崎あゆみ
は八重歯だった。
 右下2番が凹んで舌側転位していた (画像は12歳頃 )。
 16歳頃までに、上前歯6本の歯を浜崎あゆみは差し歯
(セラミッククラウン)に換装して歯並びを直していたが、
まだ軽い八重歯に見えていた (画像は16歳頃 )。
 19歳の時、浜崎あゆみは歌手デビューしていた
(画像は19歳時)。
 左上2番と右上2番の差し歯(セラミッククラウン)を
浜崎あゆみは作り直して前に出して、左上3番と右上3番の
八重歯をさらに目立たなくしていた (画像は20歳頃)。
 左上3番の差し歯(セラミッククラウン)も浜崎あゆみは
作り直して白くしていた。
 左上4番が内側に傾き、左上5番が真っ白なセラミック
クラウンで歯列から外に飛び出していて目立った 
(画像は22歳時)。
 その頃、ラジオ番組で浜崎あゆみは「歯が痛いのに時間が
全く無くて歯医者に行けないので、今、公共の電波で
マネージャーに歯医者に行きたいと訴えています」と公言して
いた。
 25歳頃、また、差し歯(セラミッククラウン)を
浜崎あゆみは作り直し、なぜか左上2番を少し後に凹ませ、
左上3番を少し外に出したので、また、少し左上3番が
八重歯ぽく見えるようになった。
 差し歯の寸法合わせに失敗して、左上1番と右上1番の間に
黒い隙間が開いて隙っ歯ぽく見えるようになっていた。
 右下2番の歯を浜崎あゆみは差し歯(セラミッククラウン)
に換装し前に出して、他の下前歯と並べていた 
(画像は26歳時)。
左上4番と右上5番の2本の歯が浜崎あゆみは大きく凹み
内側に傾いていた (画像は25歳時)。
 26歳の夏、浜崎あゆみは差し歯(セラミッククラウン)の
左上4番から右上4番までの8本をまたまた、全て作り直して
いた。
 左上1番と右上1番との間のすきま(隙っ歯)を直し、
左上3番と右上3番を内側に傾け、浜崎あゆみは八重歯を
完全に直していた。
 左上4番の歯列からの凹みも直していた。
 浜崎あゆみは歯が真っ白になったが、全部の歯がつながって
入れ歯ぽく見えるようになっていた。
 8連結のジルコニアセラミッククラウンのようだ 
(画像は27歳時)。
 左上4番の歯が浜崎あゆみは内側に傾いたままだが、頬側に
歯冠を拡大し歯列からの凹みを直していた。
 右上5番の歯列からの凹みは、なぜか直していなかった 
(画像は27歳時)。
 左下5番~左下6番、右下5番~右下6番の歯が浜崎あゆみ
は高さが低く、上下で力を入れて噛み合わせることのできる歯
があまりなさそうだ。
 噛み切れないので、タコを抜いて、たこ焼きを食べるらしい
(画像は26歳時)。
 32歳の時、外国人と浜崎あゆみは結婚したが未入籍のまま
33歳の時、離婚し、35歳の時、外国人と再婚していたが
37歳の時、離婚し、41歳の時、夫を明かさずに浜崎あゆみ
は出産していた (新画像、38歳時)。

 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
吉高由里子 (銀歯7本→セラミック等10本) 再々更新 画像一括拡大
【まとめ】
吉高由里子は銀歯7本→セラミック6本/レジン4本
(吉高由里子(よしたか ゆりこ)の歯の詳細)
吉高由里子はV字歯、
16歳:吉高由里子は銀歯(インレー)下奥歯4本、
20歳:吉高由里子はセラミック差し歯上前歯4本、
<24歳:銀歯(インレー)上奥歯3本,レジン充填上奥歯1本、
<29歳:差し歯下奥歯1本,レジン充填下奥歯3本、
<31歳:セラミックインレー上奥歯1本。

【最新】 吉高由里子の歯は治療11本。

【ヒストリー】
 左上1番と右上1番の歯がV字形に開いていて、吉高由里子
はV字歯で、左上2番と右上2番の一部がその後に隠れていた
(画像は19歳時)。
 吉高由里子は銀歯があり、左下6番、左下7番、右下6番、
右下7番に銀インレーを詰めていた (画像は16歳時)。
 1枚目と比べると明らかなように、左上2番~右上2番の
4本を抜髄して歯冠を削り落とし、歯根の穴に吉高由里子は
差し歯(小さめのセラミッククラウン)を4本が平行になる
ように歯軸を回転して挿して歯並びを綺麗に直していた 
(画像は20歳時)。
 さらに、吉高由里子は銀歯があり、左上6番と右上6番にも
銀インレーを詰めていた (画像は20歳時)。
 TV番組で大笑いした後、吉高由里子は「銀歯が見えた?」
と聞いていた。
 吉高由里子は銀歯の右下6番、右下7番、左上6番の
銀インレーが黒く見えていた (画像は23歳時)。
 吉高由里子は銀歯の右下6番と右下7番の咬合面に詰めた
銀インレーが光っていた 
(歯科治療マニア様情報、画像は24歳時)。
 さらに、吉高由里子は銀歯があり、右上6番に加えて
右上7番にも銀インレーを詰めていた。
 吉高由里子は銀歯の左上6番を削り、レジン充填していた
(画像は24歳時)。
 喫煙のためか歯茎が茶色く、吉高由里子は差し歯の
上前歯4本が両隣の自歯と比べて白すぎて目立っていた
(画像は22歳時)。
 吉高由里子は銀歯の右下6番に頬側と前側にはみ出して
銀インレーを詰めていて、右下7番には自歯と比べてやや
黄色いレジンを充填していた (画像は26歳時)。
 1枚前や2枚目と比べると明らかなように、銀歯の右下6番
をぐるりと削って吉高由里子は差し歯(セラミッククラウン)
を被せていた。
 吉高由里子は銀歯だった左下6番と左下7番にレジンを充填
していて吸水して黒ずんでいた (画像は29歳時)。
 7枚目と比べると明らかなように、吉高由里子は銀歯だった
右上6番を削り、セラミックインレーを詰めていた
(新画像、31歳時)。
 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
優香 (V字歯、銀歯クラウン等3本→セラミック8本、歯抜け) 更新 画像一括拡大
【まとめ】
優香は銀歯3本経験/セラミック歯8本(内3本ブリッジ)
→ (優香の歯の詳細) 優香はV字歯、
19歳:抜歯上奥歯2本,優香は銀歯(クラウン)下奥歯1本,
優香は銀歯(インレー)下奥歯1本、
21歳:差し歯下奥歯1本、24歳:差し歯下奥歯+1本,
抜歯下奥歯1本、25歳:銀歯(インレー)上奥歯1本、
31歳:優香はセラミック差し歯ブリッジ下奥歯3本、
<36歳:差し歯下奥歯+3本。

【最新】 優香の歯は治療11本。

【ヒストリー】
 歯は白く、左上1番と右上1番がややV字形に開いて
いて、優香はV字前歯だった。
 歯茎がピンク色で歯肉が歯にぴったりと密着していた 
(画像は18歳時)。
 上前歯が優香は出っ歯(反っ歯)ではなく、切端が少し
舌側に曲がっていた (画像は21歳時)。
 優香は銀歯があり、左下6番に金クラウンを被せ、左下7番
には銀インレーを詰めていた (画像は19歳時)。
 一枚前と比べると明らかなように、左下6番の銀歯を優香は
差し歯(セラミッククラウン)に交換していた 
(画像は21歳時)。
 右下6番の歯を優香は抜歯していた。
 右下7番にも優香は差し歯(セラミッククラウン)を被せて
いた (画像は24歳時)。
 左上6番と左上7番の歯も優香は抜歯していた 
(画像は19歳時)。
 やはり、左上6番と左上7番を抜歯していた。
 さらに、優香は銀歯があり、右上6番にも銀インレーを
詰めていた (画像は25歳時)。
 上前歯が優香は天然歯のままだった (画像は29歳時)。
 5枚目と比べると明らかなように、 右下6番のダミー歯
(固定式入れ歯)を右下5番と右下7番に被せた差し歯を
両端の橋脚とするジルコニアブリッジで優香は装着していた
(画像は31歳時)。 
 ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu
 36歳の誕生日に優香は結婚していた。
 4枚目や1枚前と比べると明らかなように、左下4番~
左下6番、右下4番~右下6番に優香は差し歯(白すぎる
ジルコニアセラミッククラウン)を被せていて目立って
いた (画像は36歳時)。
 39歳の時、優香は第一子を妊娠していた。
 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。