女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
リンク 
松田聖子 (八重歯、銀歯→セラミック) 再々更新 画像一括拡大
【まとめ】
 松田聖子は八重歯両側で歯が黄色→
18歳:差し歯ブリッジ前上3本(八重歯軽減)、
<20歳:松田聖子は銀歯(インレー)奥歯(上8本/下6本)、
30歳:差し歯ブリッジ奥上3本,差し歯前上+2本、
36歳:松田聖子はセラミック差し歯(上14本(含ブリッジx2)
/下(前3本/奥6本))。

【ヒストリー】
 歌手デビュー前。
 全体的に歯の色が黄色かった。
 右上1番の右上2番側がやや外側に捻転し、右上2番が
舌側転位して少し奥に凹んでいて、右上3番が唇側転位して
いて向かって左側が軽い八重歯だった。
 左上1番と左上3番の間に左上2番が奥深く舌側転位して
隠れていたので松田聖子の向かって右側は醜い八重歯だった
(画像は17歳時)。
 歌手デビュー時。
 左上2番を抜歯し、左上1番と左上3番を削り、
松田聖子は差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
被せて両側の橋脚としたブリッジで左上2番のダミー歯
(固定式入れ歯)を取り付けて、左上1番~右上3番を
軽い八重歯に直していた。
 松田聖子の歯は全て黄色いのに、これら3本だけが白くて
目立っていた (画像は18歳時)。
 PC専用・ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu
 左上1番~左上3番の松田聖子の差し歯ブリッジの裏は
真っ黒けの金属だったので、喫煙しているとの噂が流れて
いた。
 松田聖子は銀歯があり、上左右4番~7番計8本に
銀インレーを詰めていた (画像は18歳時)。
 さらに松田聖子は銀歯があり、下左右5番~7番の計6本
にも銀インレーを詰めていた (画像は20歳時)。
 23歳で結婚。
 その後、二次う蝕のため右上5番を抜歯し、右上4番と
右上6番を削り、松田聖子は差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を被せて両側の橋脚としたブリッジで右上5番の
ダミー歯(固定式入れ歯)を連結していた。
 右上2番と右上1番も松田聖子は差し歯(セラミック
クラウン)に換装し、左上1番~左上3番のブリッジも作り
直したが、両隣の黄色い自歯(長すぎる右上3番と奥に凹んだ
左上4番~5番)が災いして、まだ松田聖子は八重歯に見えて
いた (画像は30歳時)。
 昔から下前歯が松田聖子は乱杭歯で左下1番と右下2番が
唇側転位し、右下3番が舌側転位して奥に凹んでいた 
(画像は34歳時)。
 再婚時。
 審美歯科に3日間入院し治療費500万円で上下合計23本
(左上7番~右上7番、左下1番、右下2番、右下3番、
左下5番~左下7番、右下5番~右下7番)を松田聖子は
差し歯(セラミッククラウン)に換装していた。
 上左右3番の前後と下前歯の凸凹を見事に無くし、松田聖子
は歯並びを完璧に直していた。
 同時に全ての黒い治療痕(銀インレー)も白く再治療して、
松田聖子は歯の色を自然に白いA2に揃えていた。
 ただ、上前歯4本の松田聖子の歯の形がちょっと不自然
だった (画像は36歳時)。
 松田聖子は差し歯(セラミッククラウン)の上前歯6本
(左上2番はダミー歯(固定式の入れ歯))を自然で綺麗な
歯の形に作り直していた (画像は42歳時)。
 松田聖子は抜歯した左上2番の歯肉の退縮をダミー歯の
歯冠を長くして隠していた。
 右上2番の歯冠の長さと比べれば一目瞭然だ 
(画像は43歳時)。
 舌側転位していた左上2番と酷い虫歯だった右上5番を
松田聖子は抜歯していて、それらの跡にはダミー歯(固定式
の入れ歯)を両隣の差し歯を橋脚とするブリッジを架けて
取り付けていた。
 よく見ると、左上2番と右上5番の松田聖子の歯は両隣
の歯との間に歯肉がなく歯が異様に上に長い。
 抜歯して歯茎が上がってしまったので隙間を隠すため
ダミー歯を松田聖子が上に長くしたためだ。
 歯肉が逃げて歯がピアノの白鍵盤のように見えるのが
ブリッジの泣き所だ (画像は45歳時)。
 PC専用・ブリッジとは?
http://www.sugiura-dent.com/treatment/hotetsu
 昔、右上5番の歯を松田聖子は虫歯で抜歯したので歯肉が
逃げて歯茎が窪んでいた。
 その跡にはブリッジを架けてダミー歯(固定式の入れ歯)を
松田聖子は取り付けていたが、部分入れ歯のように偽歯茎で
覆えないので歯茎の窪みが丸見えになっていた 
(画像は45歳時)。
 再々婚後。
 松田聖子は差し歯(セラミッククラウン)をよく
メインテナンスしていたが、相変わらず、左上2番と
右上5番のダミー歯(固定式の入れ歯)の歯茎が窪んで
いた (画像は55歳時)。
 1964年~1960年生 掲載者リンク一覧
http://yabuisha.webcrow.jp/tanjyonen2.html#a8

 さらに900人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
中森明菜 (乱杭歯→差し歯、銀歯) 画像追加 画像一括拡大
【まとめ】
 中森明菜は乱杭歯で、17歳:中森明菜は上前歯3本差し歯、
中森明菜は下奥歯2本銀歯(クラウン)、20歳:上奥歯1本差し歯。

【ヒストリー】 
 デビュー前、右上2番と左上1番が舌側転位し、左上1番の切端
は右上1番側に30度曲がり、右上1番が唇側転位していて、
中森明菜は乱杭歯だった (画像は16歳時)。
 もう1枚 (画像は16歳時)。
 デビュー時(17歳直前)に、左上1番、右上1番、右上2番を
抜髄し、歯冠を削り落とし歯根の穴に中森明菜は屈曲金属コア付の
差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を3本が平行に並ぶように
曲げて挿して乱杭歯を直していた。
 差し歯に換装してわずか2年で3本の差し歯と歯茎との境目に
黒い線が見えるようになった (画像は18歳時)。
 中森明菜は「前歯が一本出てるのが好きだったのに事務所にすぐに
直せと言われて3本差し歯にしたけど後で腫れて大変だった」と告白
していた。
 中森明菜は差し歯3本を裏側の真っ黒けの金属部で連結していた 
(画像は26歳時)。
 中森明菜の右下6番は銀クラウンを被せた銀歯だった 
(画像は17歳時)。
 左下5番も銀クラウンを被せた銀歯だった (画像は17歳時)。
 中森明菜の左上6番は舌側の歯茎との境目のみ黒いメタルボンド
セラミッククラウン(差し歯)だった (画像は20歳時)。
 右上1番の歯冠が異様に長く、3本の差し歯と歯茎との境目に
黒い線が見える「差し歯バレバレ」状態を長年放置していた 
(画像は28歳時)。
 ようやく、左上1番、右上1番、右上2番の3連結差し歯
(セラミッククラウン)を作り直し、歯肉を自家移植して3本の
差し歯と歯茎との境目の黒い線を消したが、相変わらず右上1番の
歯冠が長く、さらに治療の邪魔になる上唇と歯茎を繋ぐ靱帯
(上唇小帯)を切除したためか歯茎が剥き出しのぐっきーになり、
差し歯の真っ黒な歯茎が目立っていた (画像は39歳時)。
 左上1番、右上1番、右上2番の3連結差し歯を中森明菜は小さめの
オールセラミッククラウンで作り直し、上前歯6本の歯冠の大きさと
上下左右の並びを綺麗に揃え、差し歯の歯茎の色を暗赤色にまで改善
したが、ぐっきーだけは直せなかった (画像は41歳時)。
 自身をモチーフとしたパチンコ台の発表時。
 赤紫色の歯茎と黄褐色の歯が不健康そうに見えていた
(画像は45歳時)。
 4年間の芸能活動休止後、紅白歌合戦(企画枠)に中継で出演時 
(画像は49歳時)。
 そのTV中継の事前インタビュー時。
 相変わらず、歯茎は赤紫色だった (画像は49歳時)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
高畑充希 (出っ歯矯正、銀歯)  更新 画像一括拡大
【まとめ】
 高畑充希の歯は黄色くて出っ歯→19歳:高畑充希は歯列矯正、
22歳:高畑充希は銀歯奥歯(上1本クラウン/下1本インレー)、
23歳:高畑充希はセラミック差し歯奥歯1本,
銀歯奥歯(上+1本/下+1本インレー)、24歳:レジン充填下奥歯4本。

【ヒストリー】
 高畑充希はミュージカルのオーディションで初めて主演を獲得
した (画像は13歳時)。
 「みつき」の名で歌手活動時。
 高畑充希は歯が黄色くて出っ歯で左上1番の切端が右上1番側に
30度曲がり、右上1番の切端が左上1番側に30度曲がり
左上1番の唇側に少し重なっていた (画像は15歳時)。
 横から見ると口を閉じても上唇と下唇が前方に膨らんでいた
(画像は15歳時)。
 上下左右4番4本を抜歯して、高畑充希は歯列矯正を行っていて、
上前歯の出っ歯を直していた (画像は20歳直前)。
 3枚目の画像と比べると明らかなように横から見た上唇と
下唇の前方への膨らみもなくなっていた (画像は20歳直前)。
 22歳。
 左下4番と右下4番を抜歯していたことが確認できる
(画像は22歳時)。
 高畑充希は銀歯があり、右下6番に銀インレーを詰めていた
(画像は22歳時)。
 左上4番と右上4番も抜歯していた。
 高畑充希は銀歯があり、左上6番には銀クラウンを被せていた
(画像は22歳時)。
 左上6番の銀クラウンを外して高畑充希は差し歯(オールセラミック
クラウン)を被せていた (画像は23歳時)。
 高畑充希は銀歯があり、右上7番にも銀インレーを詰めていた
(画像は23歳時)。
 高畑充希は銀歯があり、左下6番にも銀インレーを詰めていた
(画像は23歳時)。
 高畑充希は5枚前の画像の右下6番の銀インレーを削り取り、
黄色いレジンを咬合面の溝にまで目一杯詰めていた 
(画像は24歳時)。
 高畑充希は2枚前の画像の左下6番の銀インレーも削り取り、
左下5番、左下6番、左下7番の3本にレジンを充填していたが、
3本共、充填量が少なくて咬合面が凹んでいて黒ずんで見えていた 
(画像は24歳時)。
 さらに1000人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
有村架純 (V字形前歯→セラミック) 更新 画像一括拡大
【まとめ】
 有村架純の歯はV字形前歯→
17歳:有村架純はセラミック差し歯上前歯2本。

【ヒストリー】
 小学時代。
 有村架純は左上3番、左上2番、右上2番、右上3番はまだ
乳歯だったが、左上1番と右上1番は永久歯に生え変わっていた。
 有村架純の左上1番と右上1番は大きくて2本がV字形に開き、
さらに2本の切端が左右に30度ずつ開いていた (画像は7歳頃)。
 TVドラマデビュー時。
 左上1番と右上1番を抜髄して歯冠を削り落として有村架純は
差し歯(小さ目の歯冠の硬質レジン前装金属冠)を2本が平行に
なるように歯軸を回転して挿してV字形前歯を直していた 
(画像は17歳時)。
 有村架純の差し歯の左上1番と右上1番は吸水変色して両隣の歯と
比べて黄色くやや緑がかっていて、右上1番の切端が左上1番の
切端よりさらに前に飛び出していて目立っていた (画像は18歳時)。
  有村架純は差し歯(真っ白なオールセラミッククラウン)に
左上1番と右上1番を交換し、切端を横一直線に揃えていたが、
歯冠が歯茎側に異常に長くて真っ白で不気味だった (画像は20歳時)。
 有村架純は差し歯に上前歯2本を換装したので小さく口を開くと
綺麗な歯並びに見えるようになったが、ショートヘアにすると
左右のエラが驚くほど大きくてホームベース顔が気になった 
(画像は20歳時)。
 有村架純は大口を開けず、左右のエラを隠すと可愛く見えていた
(画像は20歳時)。
 しかし、朝の連続テレビドラマの宣伝で有村架純は差し歯の
上前歯2本が白くて歯茎側に異常に長い様子と驚くほど大きな
左右のエラという2つの見せてはいけないものを見せていた
(画像は24歳時)。
 下顎が小さくて下前歯が奥まっていたので上前歯が有村架純は
出っ歯に見えていた (画像は24歳時)。

 さらに1000人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
生田絵梨花 (八重歯矯正) 再更新  画像一括拡大
【まとめ】
 乃木坂46の生田絵梨花は歯が黄色くて八重歯両側→
12歳:生田絵梨花は歯列矯正→16歳:上奥歯2本抜歯、再度歯列矯正中。
19歳:歯列矯正完了。

【ヒストリー】
 歯が黄色くて、左上2番と右上2番が少し舌側転位し、左上3番と
右上3番が少し唇側転位していて、生田絵梨花は八重歯だった 
(画像は8歳頃)。
 生田絵梨花は裏側(舌側)からの歯列矯正で八重歯を直していたが、
左上1番と右上1番がV字形に開いていた (画像は12歳時)。
 乃木坂46に加入時。
 更なる歯列矯正で左上1番と右上1番をほぼ一直線に並べて綺麗な
歯並びに直していた (画像は15歳時)。
 左上1番と右上1番が大きく長くてやや唇側転位して出っ歯
だったが、大きく綺麗な歯並びに照明が反射して歯が白く見えて
華やかだった (画像は15歳時)。
 キンタロー。に出っ歯を指摘されたを気にしたのか、舌側からの
歯列矯正を開始して、上顎奥歯の切端を頬側に曲げ、左上1番と
右上1番の切端を舌側に曲げて出っ歯を改善していた
(画像は16歳時)。
 上顎の全ての歯の裏側に金具を仮着して金属ワイヤをかけて
生田絵梨花は裏側(舌側)からの歯列矯正を行っていた 
(フラッフィー様情報、画像は16歳時)。
 生田絵梨花は右上4番を抜歯して抜歯跡の隙間が塞がるまでの間、
付け歯を装着していた (画像は16歳時)。
 左上4番も抜歯して抜歯跡の隙間が塞がるまでの間、付け歯を装着
していた (画像は16歳時)。
 歯列矯正が進行して、左上5番~右上5番の歯の切端を全て
舌側に30度曲げていた。
 左上1番と右上1番はやや山形に並び、2本の切端が不揃いに
なっていた。
 照明が反射せず歯が黄色く見えて、生田絵梨花は昔の出っ歯
だけど大きく綺麗な歯並びの華やかさを失っていた 
(画像は17歳時)。
 照明を当てると歯が白く見えていた (画像は18歳時)。
 まだ、上顎前歯の裏側に金具を仮着し矯正用金属ワイヤをかけて
いるのが見える。
 左上4番の付け歯を撤去し左上4番の抜歯跡の隙間を塞ぐために、
生田絵梨花は舌側からの歯列矯正を継続していた (画像は18歳時)。
 生田絵梨花は舌側からの歯列矯正が完了したので歯の裏側に
仮着した矯正金具とワイヤを撤去していた (画像は19歳時)。

 さらに1000人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
 上げ。
谷藤博美 (銀歯) 更新 画像一括拡大
【まとめ】
<28歳:下奥歯3本銀歯(インレー)。

【ヒストリー】
 郷里から遠く離れたテレビ局のアナウンサー4年目。
 左下2番がやや唇側転位し、左下1番と右下2番が舌側転位し、
右下3番が右上2番側に45度曲がっていた (画像は27歳時)。
 右下6番は銀インレーを詰めた銀歯だった (画像は27歳時)。
 左下6番も銀インレーを詰めた銀歯だった (画像は27歳時)。
 28歳の時、郷里に近いテレビ局に転籍していた。
 右下6番に加えて右下7番も銀インレーを詰めた銀歯だった
(画像は28歳時)。

 さらに1000人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
宮地真緒 (出っ歯、銀歯→セラミック28本) 再更新 画像一括拡大
【まとめ】
 宮地真緒の歯は出っ歯上前歯1本、
17歳:宮地真緒は銀歯下奥歯(クラウン1本/インレー2本)、
18歳:宮地真緒はセラミック差し歯上前歯5本、
<30歳:セラミック(差し歯16本/インレー6本),レジン2本,
脱落1本 → 31歳:宮地真緒はセラミック差し歯28本。

【ヒストリー】
 水着モデル時代。
 宮地真緒は反っ歯(出っ歯)で左上1番の右上1番側が
40度唇側捻転し切端が唇側に飛び出していた 
(画像は18歳時)。
 左上2番の左上1番との歯間隣接部に充填したレジンが
黄色く変色し、左上1番の出っ歯は歯冠が歯茎側に1本だけ
長くて、1本だけ宮地真緒は出っ歯で目立っていた。
 また左下1番と右下2番の歯が宮地真緒は舌側転位して
いた (画像は17歳時)。
 宮地真緒は銀歯があり、右下7番は銀クラウンを被せた
銀歯、右下6番と左下6番は銀インレーを詰めた銀歯で
手前側に銀インレーがはみ出していた (画像は18歳時)。
 左上3番~右上2番を抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に
宮地真緒は差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
5本が大きなアーチ状に並ぶように挿して1本出っ歯を直して
いた。
 さらに上唇小帯(上顎の歯茎と上唇を繋ぎとめる靱帯)を
切除したためか歯茎が丸見えになる「ガミー」になり、上顎が
成長して上前歯全体が宮地真緒は出っ歯になっていた
(画像は19歳時)。
 上前歯が宮地真緒は出っ歯かつ「ガミー」が目立ち、さらに
差し歯の金属支台の金属イオンが歯肉に溶け出して歯茎が
黒紫色に変色していた (画像は21歳時)。
 30歳。
 ブログで宮地真緒は歯のセラミック治療を公開していた。
 「セラミック治療」前、すでに左下7番、左下6番、左下3番
~右下3番、右下6番に宮地真緒は差し歯(オールセラミック
クラウン)、右下7番にはセラミックアンレーを被せ、
左下4番と右下4番にセラミックインレー、左下5番には
レジンを詰め、右下4番は虫歯が再発し、右下5番はインレー
が脱落し、左下1番と右下1番は抜髄して根管治療中で、
下顎に宮地真緒は健全歯が一本もなかった 
(before: ミラー撮影画像を左右反転、画像は30歳時)。
 「セラミック治療」後、下顎の全部の歯の修復物を外しぐるり
と削り、左下7番~右下7本の14本全部に宮地真緒は差し歯
(オールセラミッククラウン)を被せていて下顎の全ての歯が
宮地真緒は差し歯になっていた 
(むに様御紹介、after: ミラー撮影画像を左右反転、
画像は31歳時)。
 「セラミック治療」前、すでに左上3番~右上2番に宮地真緒は
差し歯(オールセラミッククラウン)を被せ、左上4番、
左上5番、右上4番にセラミックインレー、右上5番にはレジン
を詰めていて、上顎の宮地真緒の健全歯は右上3番のみだった
ようだ 
(before: ミラー撮影画像を左右反転、画像は30歳時)。
 「セラミック治療」後、上顎の全部の歯の修復物を外しぐるり
と削り、左上7番~右上7本の14本全部に宮地真緒は差し歯
(オールセラミッククラウン)を被せていて上顎の全ての歯も
宮地真緒は差し歯になっていた。
 この時、左上3番~右上2番の他に右上3番も抜髄し歯冠を
削り落として歯根の穴に宮地真緒は差し歯(小さな歯冠の屈曲
金属コア付きのオールセラミッククラウン)6本の切端を舌側
に大きく曲げて挿して反っ歯を直していた 
(むに様御紹介、after: ミラー撮影画像を左右反転、
画像は31歳時)。
 「セラミック治療」前、黒紫色の歯茎が目立っていた。
 左上6番と右上6番にも宮地真緒は差し歯(オール
セラミッククラウン)を被せていて、これら2本と左下6番、
右下6番の差し歯の歯肉が退縮してクラウンと歯根との黒い
境目が露出していた。

 「セラミック治療」後、左上1番と右上1番を逆三角形→長方形
の歯冠に宮地真緒は変えていた。
 黒ずんだ歯茎をレーザー治療で明るく直していたが、
左上2番と左上1番と歯茎との間の逆三角形の歯肉を切除
(整形)しなかったので、口を少し開けると、左上2番と
左上1番と歯茎との間の逆三角形の歯肉が宮地真緒は目立って
いた。
 左下1番と右下2番の舌側転位もあまり直せてなかった
(むに様御紹介、上:before/下:after、画像は31歳時)。
 33歳の時、宮地真緒は結婚していた。
 31歳の時、28本全ての歯を宮地真緒はセラミック
差し歯に換装したものの微笑むだけで上顎の赤黒い歯茎が
剥き出しになるガミーは直せてなかった
(画像は33歳時)。
 笑った時に横から見ると、宮地真緒は出っ歯に加えて
出っ歯茎であることがよくわかる (画像は33歳時)。
 宮地真緒は総差し歯に換装する前に、大きく唇側に
突き出した上顎骨の分節骨切手術を行って上顎骨を舌側に
引き込み、上奥歯に比べて下に下がった上前歯の歯肉を
5mm切除し、差し歯を挿していた歯根をさらに5mm削り
落して新しい差し歯を挿して上前歯を上に上げるべき
であった。
 さらに1000人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
北川景子 (銀歯、八重歯矯正) 再々更新 画像一括拡大
【まとめ】
 北川景子の歯は乱杭歯+八重歯→
<17歳:奥歯4本抜歯,北川景子は歯列矯正,
銀歯(インレー)下奥歯1本、
<19歳:北川景子は銀歯(インレー)下奥歯+1本→
<27歳:北川景子はセラミックインレー下奥歯2本。

【ヒストリー】
 左上2番の左上1番側が45度唇側捻転し、右上1番の
左上1番側が30度唇側捻転し切端が30度左上1番側に
曲がり少し左上1番の唇側に重なり、左上3番と右上3番が
唇側上方転位していて、北川景子は乱杭歯かつ八重歯だった
(画像は12歳時)。
 少女ファッション雑誌のオーディションで専属モデルに
選ばれた後、テレビドラマ「美少女戦士セーラームーン」に
出演していた。
 北川景子は八重歯を歯列矯正で直していたが、
左上2番の左上1番側が30度唇側捻転し、右上1番が
少し唇側転位していた (画像は17歳時)。
 北川景子は歯列矯正時に右下4番を抜歯していた。
 北川景子は銀歯があり、右下6番に銀インレーを詰めていた
(銀歯様御紹介、画像は17歳時)。
 歯列矯正時に左下4番も抜歯していた。
 さらに北川景子は銀歯があり、左下6番にも銀インレーを
詰めていた (画像は19歳時)。
 20歳到達時に少女ファッション雑誌の専属モデルを卒業
していた。
 その後、ブログで北川景子は銀歯を白いセラミックに換えた
と告白していた (銀歯好き様御紹介)。
 北川景子は銀歯の右下6番の銀インレーをセラミック
インレーに詰め替えていた (画像は26歳時)。
 北川景子は銀歯の左下6番の銀インレーもセラミック
インレーに詰め替えていた (画像は27歳時)。
 北川景子は歯列矯正時に左上4番と右上4番も抜歯して
いたことがわかる (画像は27歳時)。
 結婚会見時。
 北川景子の歯茎のピンク色と右上1番の捻転は天然歯の証だ
(画像は29歳時)。
 結婚後。
 北川景子の歯茎はピンク色のままだった
(より鮮明な画像に差替、31歳時)。

  さらに1000人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/
磯山さやか (乱杭歯→セラミック、銀歯) 画像追加 画像一括拡大
【まとめ】
 磯山さやかの歯は乱杭歯→17歳:磯山さやかは銀歯(インレー)上奥歯1本,
抜歯上側切歯1本,セラミック差し歯上前歯2本、
29歳:磯山さやかはセラミック差し歯上前歯3本。

【ヒストリー】
 左上1番と右上1番の中心(正中)が向かって左にズレていて、
右上2番の歯冠が短くて舌側転位し、右上1番が唇側転位し、
左上1番が少し舌側転位し、左上3番が少し唇側転位していて
左上1番と左上3番の間にスペースが全くなくて左上2番が
舌側転位して2本の舌側に完全に隠れた3本前歯状態で
磯山さやかは乱杭歯だった (画像は17歳時)。
 それからわずか4か月後、舌側転位していた左上2番を抜歯し、
右上1番と右上2番を抜髄して歯冠を削り落として歯根の穴に
磯山さやかは差し歯(屈曲金属コア付のメタルボンドセラミック
クラウン)を右上2番は歯冠を長くして切端を唇側に曲げ、
右上1番は切端を舌側に曲げて挿して乱杭歯を軽減していた
(画像は17歳時)。
 磯山さやかは歯が1本(左上2番)がないことがわかる。
 磯山さやかは銀歯があり、左上6番に銀インレーを詰めていた
(画像は17歳時)。
 左上6番は磯山さやかは銀歯のままだった (画像は21歳時)。
 まだ少し、上前歯が凸凹していて、歯並びが悪く見えていた
(画像は25歳時)。
 左上1番も抜髄して歯冠を削り落とし、右上1番と右上2番の
差し歯の外して、3本の歯根の穴に磯山さやかは差し歯(新しい
屈曲金属コア付のメタルボンドセラミッククラウン)を左上1番は
歯冠を長くして切端を唇側に曲げ、右上2番も切端をさらに唇側に
曲げて挿して、上前歯5本をアーチ形に並べて歯並びを直していた 
(画像は29歳時)。
 磯山さやかは差し歯の左上1番と右上2番が隣の自歯と比べて白くて
目立っていて、さらに右上2番の差し歯の歯茎が黒ずんでいた
(画像は29歳時)。
 磯山さやかの銀歯の左上6番は大きな銀インレーを詰めたままだった
(きりん様御紹介、画像は31歳時)。
 さらに1000人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/