女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
畑野ひろ子 (出っ歯→差し歯、銀歯)
【まとめ】
 畑野浩子(畑野ひろ子)は上前歯2本出っ歯かつ軽い片側八重歯、
19歳:畑野浩子は下奥歯3本銀歯(インレー)、
22歳:上奥歯2本銀歯(インレー)、
23歳:下奥歯2本銀歯(インレー),畑野ひろ子(畑野浩子)は上前歯7本差し歯。

【ヒストリー】
 歯が白くー見綺麗な歯並びだったが、左上2番が少し舌側転位
していたので左上3番が軽い八重歯に見え、左上1番と右上1番が
反っ歯で右上1番は切端が右上2番側に30度曲がり、右上2番の
唇側に少し乗り上げていた (画像は18歳時)。
 畑野浩子の左下5番、左下6番、右下6番は咬合面の大半に
銀インレーを詰めた銀歯だった (画像は19歳時)。
 畑野浩子の左下7番、右下7番も咬合面の大半に銀インレーを詰めた
銀歯だった (画像は23歳時)。
 上前歯4本の切端が向かって左に曲がっていたのがよくわかる 
(画像は22歳時)。
 左上1番と右上1番が反っ歯だったのがよくわかる 
(画像は22歳時)。
 左上6番、左上7番、右上6番は銀インレーを詰めた銀歯だった。 
 右上1番の切端が右上2番の唇側に少し乗り上げていたのがよく
わかる (画像は22歳時)。
 6枚目の画像からわずか1か月後、左上4番と右上3番の2本を
削って小さめの差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を被せ、
さらに左上3番~右上2番の5本を抜髄し歯冠を削り落とし歯根の穴に
屈曲金属コア付の小さめの真っ白の差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を上前歯7本がアーチ形に並ぶように曲げて挿し、綺麗な
歯並びに直していた (画像は23歳時)。
 畑野浩子の差し歯は舌側(裏側)も全部白かった。
 よく見ると自歯の右上4番は少し黄色かった。
 右上2番への右上1番の乗り上げと左上2番の舌側転位が直っていた
(画像は23歳時)。
 上前歯7本の差し歯の歯茎が赤く腫れていた (画像は24歳時)。
 結婚後。
 畑野浩子は「畑野ひろ子」に改名していた。
 畑野ひろ子は差し歯の歯茎が黒ずみ歯肉が退縮し始めていた 
(画像は30歳時)。
 離婚、再婚後。
 歯肉の退縮を隠すためか、上前歯7本の差し歯を畑野ひろ子は
大きめの歯冠の差し歯(オールセラミッククラウン)に交換したため、
左上1番の切端が左上2番側に30度曲がり、左上2番の唇側に
左上1番が少し乗り上げてしまい、歯並びが少し乱れていた 
(画像は33歳時)。
 第一子女児出産後 (画像は36歳時)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/