女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
大沢あかね (八重歯→差し歯)
【まとめ】
 大沢あかねの歯は八重歯両側→
27歳:大沢あかねは前歯差し歯(上7本/下6本)。

【ヒストリー】
 子役モデル時代。
 左上1番と右上1番が大きく長くて右上1番が少し唇側転位し、
左上2番と右上2番が舌側転位し、左上3番と右上3番が少し唇側
転位していて、大沢あかねは八重歯だった。
 右上3番はまだ萌出中だった (画像は12歳頃)。
 TVの子供番組出演時。
 右上3番がさらに萌出し、大沢あかねは両側八重歯になっていた
(画像は13歳時)。
 子供雑誌のモデル時代 (画像は17歳時)。
 右上4番が舌側転位していた。
 下顎の歯列弓が大きくて、右上4番、右上5番、左上4番が下顎
の歯と反対咬合(上顎の歯の頬側が下顎の歯の舌側と咬合)していた
(画像は19歳時)。
 結婚直前。
 上前歯6本が少し切端が唇側に出た反っ歯だったので、下奥歯に
比べて下前歯6本が高く萌出して上前歯6本の裏側で咬合していた。
 左下1番と右下1番が少し唇側転位していた (画像は23歳時)。
 出産後 (画像は26歳時)。
 左上3番~右上3番を抜髄し歯冠を削り落とし歯根の穴に
大沢あかねは屈曲金属コア付の歯冠の幅が狭く長さを揃えた
差し歯(オールセラミッククラウン)の歯軸を左上3番、左上1番、
右上1番、右上3番は舌側に、左上2番、右上2番は唇側に曲げて
6本をアーチ形に並ぶように挿して八重歯を直していた。
 これに先立ち、左下3番~右下3番を抜髄し歯冠を削り落として
歯根の穴に大沢あかねは屈曲金属コア付の歯冠長の短い差し歯
(オールセラミッククラウン)6本をアーチ形に並ぶように歯軸を
曲げて挿して切端を下奥歯と同じ高さまで下げて上前歯6本の
差し歯の裏側にぶつかるのを回避していた  (画像は27歳時)。
 右上4番の舌側転位のため、右上3番がまだ八重歯に見えていた
(画像は27歳時)。
 それから4か月後、右上4番も抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に
大沢あかねは屈曲金属コア付のオールセラミッククラウン(差し歯)を
頬側に曲げて挿して上顎の歯並びを綺麗に直していた 
(画像は27歳時)。
 しかし、相変わらず、右上4番、右上5番、左上4番は下顎の歯と
反対咬合していた (画像は27歳時)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/