女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
常盤貴子 (差し歯、銀歯)
【まとめ】
 常盤貴子の歯は上側切歯2本捻転、
21歳頃:上奥歯1本銀歯(インレー),上奥歯2本差し歯,
常盤貴子は奥歯銀歯(下1本クラウン,下4本インレー)、
28歳:常盤貴子は上側切歯1本差し歯,上奥歯1本差し歯。

【ヒストリー】
 右上2番の右上3番側が唇側に捻転していてニヒルな歯並びだった。
 左上4番は頬側に金インレーがはみ出た金歯(銀歯)だった。
 左上5番~6番には差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
被せていて、歯茎との境目が黒ずんでいた。
 常盤貴子の左下6番は銀クラウンを被せた銀歯だった 
(画像は20歳頃)。
 上顎左右の奥歯は切端が45度舌側に傾いていた。
 左上2番の左上1番側も唇側に捻転していてニヒルな歯並びだった。
 常盤貴子の左下5番と左下7番は銀インレーを詰めた銀歯だった。
 右下6番と右下7番も銀インレーを詰めた銀歯だった 
(画像は21歳時)。
 右上2番の右上3番側が唇側に捻転しているのがよくわかる
(画像は21歳時)。
 常盤貴子の右上2番は右上3番側が唇側に捻転すると同時に切端が
唇側に出た反っ歯(出っ歯)だった (画像は22歳時)。
 右上2番を抜髄し歯冠を削り落とし、差し歯を挿すための歯根の穴
の型を採った後、右上2番に部分入れ歯形式の仮歯を装着し、右上4番
に金属鉤をかけて保持していた (画像は27歳時)。
 常盤貴子は右上2番の歯根の穴に右上1番と平行に植立するように
屈曲金属コア付の差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を曲げて
挿して歯並びを直していた (画像は28歳時)。
 しかし、右上2番の差し歯の裏が右上3番にぶつかるため、歯並びを
完全には直せなかった。
 右上5番に差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を被せていたが
歯茎との境目が黒ずんでいた。
 下顎左右の奥歯をセラミッククラウンやレジン充填で白く審美治療
していた。
 29歳。
 34歳。
 常盤貴子は右上2番の差し歯を外して歯冠がやや小さく切端が舌側に
少し曲がった屈曲金属コア付の右上2番の差し歯(メタルボンド
セラミッククラウン)を左上2番と対称になるように右上3番側を
舌側に曲げて挿して、歯並びを直していた (画像は35歳時)。
 36歳直前。
 もう一枚 (画像は36歳直前)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/