女性芸能人の歯・画像掲示板2

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への治療履歴画像/解説
常盤貴子 (銀歯クラウン等6本/捻転歯→セラミック10本)  更新
【まとめ】
常盤貴子は銀歯6本/捻転歯→セラミック10本 →
(常盤貴子(ときわ たかこ)の歯の詳細)
常盤貴子は捻転歯上側切歯2本、
<20歳:常盤貴子は銀歯クラウン下奥歯1本,
常盤貴子は銀歯(インレー)奥歯上奥歯1本,
常盤貴子はセラミック差し歯上奥歯2本、
<23歳:銀歯(インレー)下奥歯4本、
<28歳:差し歯上奥歯2本、<35歳:差し歯(前上1本/奥下1本),
セラミックインレー下奥歯4本、

【最新】 常盤貴子の歯は治療10本。

【ヒストリー】
 19歳の時、常盤貴子は女優になり、テレビドラマにも
出演していた。
 右上2番の歯が常盤貴子は右上3番側が唇側に30度捻転
していて切端が唇側に飛び出していた。
 常盤貴子は銀歯があり、左上4番の頬側前方に銀インレー
がはみ出し、左下6番には銀クラウンを被せていた。
 常盤貴子は差し歯もあり、左上5番と左上6番にセラミック
クラウンを被せていて、自歯と比べて白すぎて目立っていた 
(画像は20歳頃)。
 上顎左右の奥歯はいずれも切端が45度舌側に傾いていた
(画像は21歳時)。
 右上2番の歯が常盤貴子は切端が25度右上3番側に
曲がり、左上2番は左上1番側が35度唇側捻転していて、
ニヒルな歯並びだった (画像は21歳時)。
 さらに、常盤貴子は銀歯があり、右下6番、右下7番、
左下5番、左下7番にも銀インレーを詰めていた 
(新画像、23歳時)。
 1枚目でも見えていたが、常盤貴子の左下6番は
銀クラウンを被せた銀歯でギラリと光っていた
(新画像、24歳時)。
 上顎左右奥歯の頬側に金具を仮着して、常盤貴子は歯列矯正
を始めたが、一年経たずに中止していた 
(画像は27歳時)。
 右上5番と右上6番に常盤貴子は差し歯(セラミック
クラウン)を被せていて、歯茎との境目が窪んでいた 
(画像は28歳時)。
 相変わらず、右上2番の歯が常盤貴子は切端が25度
右上3番側に曲がり、左上2番は左上1番側が35度唇側
捻転していて、ニヒルな歯並びだった (画像は29歳時)。
 1枚前と比べると明らかなように、右上2番を抜髄し歯冠を
削り落して歯根の穴に常盤貴子は差し歯(屈曲金属コア付の
セラミッククラウン)を歯軸を曲げたり回転して挿して
アーチ形の歯並びに直していた。
 さらに、左下6番、左下7番、右下5番、右下7番は削って
セラミックインレーを詰め、左上4番と左下6番には差し歯
(セラミッククラウン)を被せて、下顎の銀歯を常盤貴子は
一掃していた (画像は35歳時)。
 37歳の時、常盤貴子は結婚していた 
(画像は36歳直前)。
 45歳(新画像)。
 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/